中1英語の復習:「三単現のS」疑問文と否定文の作り方

前回は、「単語にSをつける」をテーマに話しました。

パターンは2つで

・名詞の複数形
ざっくりえば、、、モノが複数あるときにSをつける

・三単現のS
ざっくりいえば、、、

主人公(主語)が
「I、Youじゃなくて、ひとり(ひとつ)」
しかも「現在」の話をしたいときに
赤色(一般動詞)にSをつける

というのがポイントでした。

www.childcarenabi.com

 

ところで、文には3種類あるのを覚えてますか?

 

肯定文(ふつうの文)

疑問文(?の文)

否定文(バツの文)

 

www.childcarenabi.com

今回は「三単現のS」×「3種類の文章」をテーマに話をしていきます。

f:id:hideti01:20180208155100j:plain

動詞を見つけたら、Be動詞は青、一般動詞は赤で目立たせましょう。

www.childcarenabi.com

 

英語は動詞を中心に考えるとルールが分かりやすいです。

Ken studies English.
(ケンは英語を勉強している)

これは「ふつうの文」ですよね。

 

「study」ではなく「studies 」になってる理由は説明できますか?

f:id:hideti01:20180208160128j:plain

 

じゃあ、「?の文(疑問文)」「バツの文(否定文)」はどんな感じになるのかを
マスタするのが今日の目標です。

・「?の文」を作ってみよう

作り方「だれが、なにが(主人公)」の前に「Do」を置く。

f:id:hideti01:20180208161036j:plain

 

で、ここからが今日のポイント。

とてーも大事なことをいいます。

三単現のSは「Do」が大好きだということ。
これが分かれば今日は終わって十分なぐらい大事。

「Do」を見かけると、そっちに行ってしまいます。(重要)

f:id:hideti01:20180208162329j:plain


こんなイメージです。

「Do」をみつけた「S」は「study」から離れて行ってしまいます。

そして「Do」をくっついて「Does(ダズ)」となります。

・☓の文(否定文)を作ってみよう

作り方:赤の前に「Do」と「not」を置く

f:id:hideti01:20180208163107j:plain

「do」をみつけた「S」は「study」から離れて行ってしまいます。

そして「do」をくっついて「does(ダズ)」となります。

 

f:id:hideti01:20180208163858j:plain

ということで、三単現のSの文章(3種類)は
こんな感じになります。

 

Ken studies English.
(ケンは英語を勉強してます)

Does Ken study English ?
(ケンは英語を勉強してますか?)

Ken does not study English.
(ケンは英語を勉強してません)

まとめ

これで中学英語の基本の「き」が完成です。

動詞の種類(Be動詞と一般動詞)

各動詞の3パターンの使い方(肯定文、疑問文、否定文)

中学英文法を理解するうえで一番重要なルールをマスターできましたよ♪

 

このあと、補足情報や各英文法のルールを解説していきます。

3ステップは、一度勉強したら終わりではなく
何度もくり返し復習しておいてください。

www.childcarenabi.com