中学英語で習うBe動詞と一般動詞の使い方

この記事は、中学で習う英語が全然分からない人に向けて書いてます。

全部で3ステップに分けて説明してますので、はじめての人は先にステップ1からスタートするようにしてください。

www.childcarenabi.com

 

前回は、Be動詞を青色、一般動詞を赤色で塗り分ける練習をしていただきました。

www.childcarenabi.com

 

今回は、Be動詞と一般動詞を意識しながら、文の基本3セットの書き換え練習を行います。

英文は大きく3つの種類にわかれます。

1.ふつうの文
2.?(クエスチョン)の文
3. バツの文

教科書や参考書では

1.肯定文(こうていぶん)
2.疑問文(ぎもんぶん)
3.否定文(ひていぶん)

という言葉で説明されてます。

英語で重要なのは「動詞」です。この動きさえマスターすれば、一気に英語はおもしろくなります。

 

動詞は、「Be動詞」と「一般動詞」の2種類あります。前回はそれを青と赤色で区別する練習をしました。

ということは英文は全部で

 

赤が3種類、青が3種類、合計6種類あるということです。

f:id:hideti01:20180130133304j:plain

「えー6パターンもあるの?」「そんなに覚えられない」と思うかもしれません。

しかし、ルールはもっとシンプルなので、とりあえず話だけ聞いてください。

青(Be動詞)のルール

青1:ふつうの文

「誰が」を表す主語のあとにおけばok

f:id:hideti01:20180130134419p:plain

意味:彼はケンです。

青2:?の文

「青1⇒青2」に書き換えます。

「誰が」を表す主語の前に、青(Be動詞)移動させればok

f:id:hideti01:20180130135426p:plain

意味:彼はケンですか?

青3:バツの文

「青1⇒青2」に書き換えます。

青(Be動詞)のあとに「not」をおけばok

f:id:hideti01:20180130150533p:plain

意味:彼はケンではありません。

 

「?の文」「☓の文」は、面倒かもしれませんが
完全におぼえるまで「青1⇒青2」「青1⇒青3」と書き換えましょう。

 

※慣れてくると、ダルくて手順を守らなくなります。
そこをガマンしてくり返してください。

野球の素振り、サッカーのリフティング、バスケットのボールハンドリングと同じです。
これでもかというぐらい、手順を守って繰り返してください。

赤(一般動詞)のルール

赤1:ふつうの文

「誰が」を表す主語のあとに赤(一般動詞)を置く。

f:id:hideti01:20180130152210p:plain

意味:あなたはリンゴをもっている

赤2:?の文

「誰が」を表す主語の前に「Do」を置く

f:id:hideti01:20180130152953p:plain

意味:あなたはリンゴを持ってますか?

赤3:バツの文

赤(一般動詞)の前に「do not」をおけばok

f:id:hideti01:20180130153610p:plain

あなたはリンゴを持ってません。

慣れるまでは赤1を基本にして赤2と赤3を考えるようにしましょう。

 

次回はステップ3の2回目として、三単現のSを説明して、今日やった内容につなげていきます。

 

【ステップ3-2】中1英語の復習:複数形のSと三単現のSを区別しよう⇒

www.childcarenabi.com