小学生の理科&社会の勉強法。保護者の考え方とやるべきこと。

苦手教科と得意教科、どちらを伸ばすか?子供の短所には触れず、長所を伸ばすべきか悩ましいですよね。

小中学生の場合、主要教科は偏りなく伸ばしていくべきです。

このページでは高校受験までを視野にいれた、理社の考え方と勉強法を解説します。

高校受験は5教科の内申点と当日点で決まります!

小学生のお子さんがおられる場合、国語と算数はチェックしているご家庭は多いです。

しかし理科と社会はあまり重視してないケースがとても多いです。

主要教科=国語、算数(数学)、理科、社会、英語を意味します。

国語と算数は大事!でも理社も忘れないでください

小学生のお子さまがおられるご家庭では、国語と算数には力を入れるけれども理科や社会の勉強にはあまり触れないケースが多く見られます。

これは非常にもったないことです。

小学校で学習する理科や社会は、そのまま中学で使えます。

小学生で基本中の基本を学習し、中学生で基本を勉強するイメージです。

小学生で嫌いになった教科は、中学生になっても嫌い

もし子どもが小学校での理科や社会の授業がツマラナイと感じ,嫌いになったらどうでしょうか?

理科&社会=嫌い。。。。一度できてしまった子どものイメージを壊すのは大変です。

 

ここで小中学生の理科社会の勉強に関する意識調査の結果を見てみましょう。

ベネッセ教育総合研究所の調査によると、、、

・理科
勉強が好き(とても好き?まあ好き)=小学生83.5%、中学生64,7%

・社会
勉強が好き(とても好き?まあ好き)=小学生68,3%、中学生64,1%

という結果が出ました。

社会科は小中での授業内容に変化なし。ゆえに好き嫌いがハッキリ。

社会科は小学生、中学生の数値がほぼ同じです。

つまり小学生のイメージがそのまま中学生になっても変わらないということです。

逆に言えば小学生の段階で苦手意識を持つと、そのまま中学生に引き継がれるとも言えます。

小中での授業形式に差がある理科。問題演習の免疫を作っておかないと中学で苦労する

小学校の理科は実験が多いので、「好き」と答える子どもが多いです。

中学生になると、実験もありますが講義の方が多く、内容が難しくなり計算問題も増えるので嫌いになる子が増えます。

逆に言えば、「理科が好き!」

というイメージを持っている段階で中学生に結びつく勉強をしておけば良かったとも言えます。

親の言うことを聞いてくれる小学生の間に、嫌いにならないように導く必要があるのでは?

中学生=反抗期の始まりの時期でもあります。

保護者の言うことを小学生のころのようには聞いてもらえません。

 

このような現象は算数や国語でも起きる可能性は十分あります!

ただ、この2教科は、保護者によるリカバリー力が非常に高いので理科や社会ほどのダメージはありません。

 

家で勉強を見てあげたり、チャレンジやポピーなどの通信教育をとったり、公文や学研、集団塾や個別指導塾、家庭教師をつけたり、、、みんな熱心に英数はなんとかしようとします。

「暗記教科の理社」という間違った親のイメージがまねく子どもの学力低下

国語や算数は積み上げ教科なので、一度つまづいたら取り返しがつかない。

それに比べて社会や理科はパズル型なので、後からなんとでもなる。

「理科や社会は暗記教科だし、今はダメでも後からなんとかなる。だから英数をなんとかしよう」という意識が働きやすいのです

小学生(特に4年)の頃から理科や社会を、家庭で国語や算数のようにチェックするメリット

・子どもに苦手意識を持たせずに中学生にすることができる。
(→推奨しませんが「苦手意識がなければ、後からの詰め込みでカバーできる。)

・中学校の勉強が楽になる。

 

MEMO
小学校では「木の幹」、中学で「枝と葉」を完成させる

例えば、歴史の場合は小学校で大筋のストーリーを完成させます。貴族の時代から武士の時代になり、明治維新。。。主要人物の名前など。

木の幹がしっかりしてると、中学生になったときに枝と葉をつけ加えるだけで済みます。

これが幹もない状態からスタートさせると、全てを初めから勉強しないといけなくなります。

柔らかいうちにキソの素を完成させる

年齢を重ねるたびに頭が固くなると言われていますよね。

小学生の時期の方が中学生の時期よりも頭は柔らかいです。この時期に苦手意識を持たせずに、木の幹を完成させる。

国語や算数と同様に、ご家庭で理科や社会もチェックされることをオススメします。手段はいろいろありますから。

 

小学生の理社の勉強法

勉強の中心は、必ず「教科書」にしてください。

教科書だけでは問題がないので、補助教材を使うことになります。

しかし、該当ページを開きながら、勉強する習慣をつけましょう。

音読

音読といえば、「国語」だと思いますが、全教科に効果があります。

学校で学習済みのページは、何度も音読させてください。

そのさいに、教科書の挿絵、図もチェックしてください。

学校のテストや模試もそこからでることがあります。

 

問題演習

問題をとくことで、テストの出方にあわせた知識の整理整頓ができます。

理社の教科書には問題が掲載されてないので、別途準備が必要です。

おすすめは「教科書ワーク」です。

学校の教科書にあわせて問題が作られてます。(購入するさいは、お子さんの使用してる教科書のメーカー名を確認しておいてください)

これを、直接書かせず、ノートにやらせてください。

(一度書き込んでしまうと、くり返しできません)

やるタイミングが、学校で学習した直後に、教科書の音読が終了してからトライさせます。

間違えた問題には、印をつけておきます。これは教科書ワークに直接書き込ませてokです。

小学生の間違いを指摘すると怒る|泣く子どもの勉強の教え方

 

さらに、学校のテスト日が分かったら、スケジュールと範囲にあわせて解き直しをさせます。

 

次に解き直すのは長期休みです。春休み、夏休み、冬休みを利用します。

前学年の内容も含めての総復習なので、学年が上がっても教材は捨てないでください。

 

教科書ワークを、学校のテストまでに最低2回、

さらに長期休みで解き直しをさせて完全定着をねらいます。

長期休みには、模試を受けさせることをオススメします。

小学生から模試を意識して勉強させる。中学受験の有無は関係ナシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です