【小学生】言い換える力を作文でつける[具体的⇔抽象的]

このページでは、小学生の「言い換え力」の鍛え方について解説します。

作文を利用したトレーニング法をご紹介します。

個別指導15年の経験をふまえてお話をさせていただきます。

原稿用紙をみると固まってしまう、、、という子には以下のリンク先ページの対処法を参考にしてください。
作文が書けない子供。保護者ができる3ステップ解決法

「言い換え力」とは?

「りんご」「バナナ」「みかん」は「果物」と言い換えられます。

「ピザを注文するとき、いろいろなトッピングが選べる」は
「ピザを注文するとき、ベーコン、チーズ、エビ、サラミなど、いろいろなトッピングが選べる」と言い換えられます。

「具体的⇔抽象的」の行き来を、状況にあわせて自由自在にあやつれる力。
それが「言い換え力」です。

「状況にあわせる」とは、自分よがりの表現ではなく、相手に寄り添うということです。

家族など親しい人であれば、ある程度アバウトな表現でも通じます。

親しい者同士なら、足りない情報を補えるからです。

しかし、同じ表現が、はじめて会う人に通じるでしょうか?
全く通じないことはないとしても、話し手と聞き手でズレが生じるでしょう。

子どもは、親であろうと、初めてあう人であろうと、同じように話します。

「言い換え力」を鍛えるということは、自分の気持を相手に伝わるように練習することでもあります。
コミュニケーション能力は、友達関係を円滑にするだけでなく、大人になってからも役立ちます。

「言い換え力」を作文で鍛える

「作文を親が教えるのは難しそう」と思うかもしれません。
そんなことはありませんので、安心してください。

まずは、紙と鉛筆を準備してください。

そして課題を親子できめます。

ポイントは、ある程度の部分を親が決めてしまうのです。
とはいえ、親子で相談してるという形はとってください。

作文の練習といえば、自由に書かせる人が多いです。

しかし、自由作文ほど、子どもに苦痛なものはありません。

制限がないほうが喜ぶと大人は思いがちですが、逆です。

ルールがあったほうが、子どもは熱心に取り組んでくれます。

ゲームが好きな子が多いのは、まさにそれです。限られた道具で、課題をクリアするから燃えるし、何回でもチャレンジするのです。

最初から無敵状態だったら、工夫の余地もなくおもしろくありません。

作文のルール

何について書くかを、これでもかと具体的なシーンに限定してください。

「課題=運動会」はNGです。

これだと、時系列に事実を延々と書き、ありきたりの言葉で飾る、ワンパターンの作文で終わります。

「50メートル走で一番をとった瞬間」、、、こんな感じで課題をだします。

枠を決めて気持ちを集中させると、子どもの脳に情景が浮かんできます。

それを一気に作文にまとめるのです。

まずは、頭に浮かんだことを書かせてください。

具体的に表現する

できあがた文を見ながら、保護者から質問します。

「1位になってうれしかったです。」

「どんなことが、うれしかったの?」と聞いたら
「はじめて○○さんよりも早くゴールしたから」と答えるかもしれません。

「はじめは緊張したけれども、1位になって気持ちが楽になったから」と答えるかもしれません。

「○○さんとは何回ぐらい競争したの?」「どのぐらい緊張したの?」という感じで質問を繰り返して深掘りします。

ひと通りのやりとりが終わったら、もう1回作文を書かせてみましょう。

1回目よりも、抽象度が下がり具体性がました文になります。

・数字をできるだけいれる 

例)20回○○さんと競争して、1回も勝てなかった。

客観的な視点で作文を読み直す

親は作文を添削するのではなく、子どもに気づきを与える質問者になります。

ピンポイント作文を書かせると、一点に集中するあまりに
必要不可欠な情報が抜けてしまうことがあります。

例えば「50メートル走」とはあるけれども、「運動会」という言葉が抜けていたりします。

あえてふれずに、先に質問を繰り返して2回目の作文を書かせてください。

書き上がったら、作文を子どもに読ませます。

このとき、「先生になったつもで読んでみよう」と言ってください。

一点に集中してる意識を、もとに戻し、かつ他人の目線で客観的にチェックさせるためです。
もし、自分以外の人が読んだら、意味が分からない部分はないかを探しながら読んでみよう!とアドバイスしてください。