中学受験しない小学生には、どんな勉強が必要なの?

中学受験しないと決めているご家庭での悩みといえば、
どこまで子どもに勉強させるべきか?

だと思います。

小学校のテストで、ある程度の点数がとれていれば良いのか?
それ以上を目指すべきか?

受験しないとしても、早い段階で塾に行かせるべきかも。。。
子どもの将来を考えると、保護者の悩みはつきないものです。

このページでは、個別指導15年間の経験をふまえながら
中学受験しない小学生の勉強をテーマに話します。

さいごまで読むと、今なにをするべきかが分かります。

 

勉強の目安は、学校のテストよりも地域模試がオススメです。

現段階では、お住まいの地域でより偏差値の高い高校に入れたい
というのが保護者の願いだと思います。

そういう意味では相手は、全国ではなく地域に在中の子になりますし、
詳細なデータは地域に強い模試のほうが有効です。

(大学受験の場合は、全国区のデータをもってる模試が強い)

参考リンク:

www.childcarenabi.com

高校入試なんてまだまだ先の話だし。。。と思う人もいるかもしれません。

ただ、わたしの経験では、地域№1~2の高校に入れる子は、小学5~6年の段階で
ある程度決まってしまうと感じます。

もちろん中学3年で鬼のように勉強して大逆転する子もいますが、全体の1割もいません。

ほとんどの子が、わずかな選択肢のなかで、少しでも良い高校を選ぶ
という流れです。

 

選べる高校の選択肢が少ない理由は、

・合否は当日点だけでなく内申点を含めて決まる

・家庭の事情で、安全圏をねらわざるをえない。

この2つが大きいです。

 

内申点とは、中学3年間の成績で決まる点数です。高校によって内申点と当日点を、どの程度の比率でみるかは違います。

(最近は募集人数の一定数を当日点だけで合否を決める高校も一部あります。上位校に多いです)

中学3年生、つまり受験生になったときだけ頑張っても、ほとんどの子は決められた枠のなかでしか動けないというパターンが多いのです。

では、子どもに選択肢を与えるために、保護者ができることは何でしょうか?

それは小学生のうちから、勉強させることです。

より多くの教育資金を今からためて、中学生になったら塾に行かせる
というのは間違いです。

塾に行かせれば、成績が上がるとも限りませんし、希望の高校に行けるとも限りません。

どんなに素晴らしい塾でも、基礎が全然ない子どもを地域一番の高校に受からせるのは簡単ではありません。

もちろん時間さえれば、成績をあげられますが、月謝もそれだけ高くなります。

 

地域№1の高校を希望するかはさておき、ほとんどの子が高校受験を経験します。

早い段階、つまり小学生のうちに高校受験に耐えられる基礎土台を作る。

これ以上にコスパのよい投資はありません。

今なら、「時間」を見方にすることができます。

教育にかけられるお金が全てを決めるのではなく、努力と工夫がものを言います。

塾に通わせても、月謝の分しか教えてくれませんし、管理もしてくれません。

保護者なら、家庭の事情はあるしにしても、塾以上に子どもを管理することはできますよね。

 

具体的な話をします。

小学生の保護者は、国語を算数を心配しすぎて、理社が手薄になりがちです。

高校受験は、一部の教科が得意であれば有利になるわけではありません。

総合点できまります。

一部の高校では傾斜配点といって、一部の教科が1,5倍の得点になることもありますが例外です。

 

上位校を目指す子ほど、理社で点がとれないと致命的です。

 

理社なんて、あとから勉強してもなんとかなるでしょ
と考えてる人が多いのですが
実際はそううまくいきません。

 

仮に中3からまじめに理社の勉強をするとしても、間に合いません。

中学の授業は12月まで進みますので、その予習と復習が必要です。

それに加えて受験勉強もするのです。

英数は難しいので、常に勉強しないといけません。

となると、理社が後回しになるのです。

じゃあ、どうすれば良いのかといえば、今のうちに理社を徹底的に叩き込むのです。

本屋さんにいったら、小学生と中学生の理社の参考書を読み比べてみてください。

ほとんど同じことをやってます。

もちろん覚える用語の数は違いますけど、小中で全く関係ないことを勉強するわけではありません。

ならば頭が柔らかくて、かつ時間がある小学生のうちに徹底的に覚えさせたほうが有利ではないでしょうか?

もちろん、忘れます。でも、一度覚えたものを忘れてから覚え直す。この繰り返しでした知識の定着はありえません。

小学生のうちに頑張れば、中学生から頑張る人よりも、覚えて忘れる回数が多くなります。

これは、圧倒的なアドバンテージになります。

これって、子どもが中学生になってしまったら、もうお金を払っても買えないことなんです。

ぜひ、頭の柔らかいうちに理社を勉強させてください。

 

そんなこと言っても、わたし、覚えてないよ
と心配する必要はありません。

教科書を開いて、一緒に勉強すれば良いのです。
学校や塾の先生にように保護者がふるまう必要はありません。

算数は、模試に出題されるレベルまでを上限としてください。

高度に難しい問題、中学受験の問題は無視です。

方程式を使えばとける問題を、それ以外でとけるようさせるのは
コスパが悪いです。

それに時間をつかうなら他の教科を強化したほうが良いです。

 

www.childcarenabi.com

英語については、ある程度の決断が必要になります。

あまりにも英語教育に力をいれすぎで、総合力まで育成できないご家庭が多いです。

総合力というのは国語、社会、算数、理科もふくめた主要教科の力をさします。

母国語、つまり国語を正確に理解してない子が、第二言語を悠長に扱えることはありません。

話せるのはパターン学習で覚えてるだけで、九九が唱えられるのと大差ありません。

 

悲しい現実ですが、英語教育には、「英会話」と「受験英語」の2つがあるのです。

子どもが早い段階で、英会話教室に通わせたとしても、必ず受験英語で得点できるとは限りません。これは中学校の定期テストでも同じことがいえます。

早期英語教育したのに定期テストで点がとれない、という保護者にたくさんお会いしました。

 

★中学の授業に備えて、小学生にうちに先取り学習させるのは有効です。

www.childcarenabi.com

 

英会話と受験英語の差をなくすために、学習指導要領はこれまで改訂されてきましたが、現実は打破できませんでした。

今後、差は縮まるかもしれませんが、確率論としては同じ傾向が続くでしょう。

なぜなら、理念は立派なのですが、指導者の育成が間に合ってないからです。

小学校には「まさか自分が英語を教えることになるとは」という声が

中学校には英検準1級程度の力さえない教師が多いわけですから。

 

まずは母国語をしっかり勉強させることが先です。

語彙の数、論理展開の理解、

これなくして、総合力はつきません。

参考リンク:

www.childcarenabi.com

国語は英語を含めて全ての教科の基礎土台になります。

 

「英語を話せる」ではなく「英語でなにを話すか」が大事です。

計算にしても証明にしても、論理的に考えられないといけません

社会や理科も、因果関係や根拠の理解ナシに、用語だけ覚えるのには限界があります。

全て母国語のうえに成り立ってます。

 

まとめ

塾に行こうが、行くまいが、
家庭学習の習慣なくして成績は上がりません。

 

塾は当たり外れがあります。

全国チェーンの塾だとしても、コンビニのように統一されたサービスが提供されてるわけではありません。

もちろん、広告で紹介されてる箱物、サービスは提供されますが、それをどう生かすかは、教室長や講師の力量にかかってます。

塾頼みは危険であり、通わせるにしても、家庭学習の習慣はしっかり保護者がつけておくべきです。

 

わたしが、このブログをはじめたのは

大人になっても一人で勉強できる子どもを育てたい
という想いからです。

 

平均寿命がのびてAIが発達して仕事がなくなる未来

時代にあわせて自分をアップデートできる力
不透明な未来に立ち向かえう武器を与えることこそ、
保護者が子供に残せる財産だと考えます。

 

そして、それは工夫しだいで、どの家庭でも実践できるものです。
そのお手伝いができればウレシイです(≧∇≦)b

参考リンク:

www.childcarenabi.com

 

www.childcarenabi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です