中学生には模試を受けさせよう!これほどコスパの良いものはない

模試をうける子ども

「模試」といえば、受験生(中3)になってから。。。という保護者も多いのですが、中1から定期的に受けさせるべきです。

1回4千円ぐらい、春夏冬に3回受けると1万を超えますが、成績を伸ばす投資としてこれほどコスパの良いものはありません。

今回は中学生の子どもがいる保護者に向けて、模試のメリット、そして効果的な使い方について解説します。

中学生に 模試を受けさせるメリット

現時点での地域内での成績が分かる

中学校から通知表で知らされる成績とは、学校内のものです。

中学校によって学力に差があるのは間違いありません。

つまり、通知表に書かれてある成績は、別の中学でなら下がるかもしれないし上がるかもしれません。

 

模試を受けることで、将来の高校入試で競い合うことになる人との比較が可能になります。

成績が良い子どもには、模試の結果はよい刺激になることが多いです。

言葉はわるいですが、調子にのってる子どもには、自分の力がまだまだなのを自覚させることができます。

 

慣れない環境で実力をだす訓練ができる

定期テストのほかに、学力テストを中学校では実施すると思います。

これは学区内の中学が一斉に同じ問題をときます。なので入試に近い空気感はでます。

 

しかし外部模試との決定的な違いは、試験を受ける環境です。

ふだん使う教室、受けてるメンバーはクラスメイト。いつもの環境ということです。

 

高校入試の会場は中学校ではありません。高校にいって受けます。

これだけでも、通常とは違う環境ですよね。

さらに受けてるメンバーも他校の生徒がはいってきます。

頭が良さそうに見えてプレッシャーを感じる子もでてきます。

こういう慣れない環境で高校入試は行われます。

 

外部模試を受けさせることで、「慣れない環境で試験を受けること」になれさせることができます。

慣れない環境では、思ってもみないミスをするものです。

わたしが務める塾で試験監督をしたときの事例としては

・名前を書くのを忘れる

・試験の途中でトイレに行く

・記号で答えろと書いてるのに数字で答える。

 

このような事例がありました。

わたしは、これが入試でなくて良かった。よい経験をさせることができたと思いました。

 

トイレに行きたいと思うのは生理現象ですから問題ありません。

ただ「試験中に手をあげてトイレに行くのは恥ずかしい」と思う中学生が多いです。

無理にがまんして、試験に集中できなくなったら大変なことです。

試験中にトイレに行く経験をしてれば、もし高校入試で同じようなことにあっても、冷静に対処できます。

PDCAを回すのに有効である

「PDCAサイクル」という考え方があります。

Plan=計画
Do=実行
Check=評価
Act=改善

の頭文字をあわせたものです。

 

大人になってから、仕事をするうえでとても大事な考え方になります。

子どもの仕事は「勉強」ですから、PDCAサイクルで考える習慣をつけさせておく。

社会人になっても困らないスキルを身に着けさせるのに、模試ほど良い教材はありません。

中学生の勉強するという意味は、高校入試だけではありません。

しかし保護者も含めてほとんどの人が「受験」を意識してますよね。

ならば、中1や中2から高校入試を意識して、勉強の計画をたて実践して評価、そして改善していくべきです。

ただし、中1や中2の時点で、子どもを評価する仕組みがありません。

自分の力が高校入試でどの程度のものになるかを知ることができません。

これでは評価のしようかありませんので改善にもちながりません。

やりっぱなしで終わるので、中途半端に終わり、次につながる勉強になりません。

PDCAを回す意味でも地元の高校入試の出題傾向にあわせた模試は、最高の教材といえます。

地元の高校入試に対応したオリジナル問題集が作れる

公立高校の入試問題は、全国同じではありません。

各都道府県単位でことなります。

 

模試は地元の入試傾向にあわせて作成されます。

春休み、夏休み、冬休み、年に3回うければ

3年間で9回分の試験問題が手にはいります。

これを保存しておけば地元の高校入試に直結したオリジナルの問題集になります。

過去問とは違って、最新の出題傾向に特化した問題というのがポイントです。

中学生に受けさせる模試の選び方

地元の高校入試にあわせた模試を受けさせてください。

合格判定がでるとしても、全国系の模試はあまり意味がありません。

 

地域に根ざした模試は、大きく2種類あります。

地元の大手集団塾が開催するものと、教材会社が主催してるものです。

おすすめは、後者のほうです。

理由は、塾生だけでなく広く参加者を求めてるので、データ数が多いことです。

模試の申し込み方

運営してる会社に直接申し込む、もしくはお近くの個別指導塾に連絡して受けられるかを確認する。

 

試験を受けるときの服装

学校ではありませんので、私服でも制服でもかまいません。

心配であれば申込時に聞いてみると良いです。

 

事前に勉強しておくべきか?

模試は、素の学力をはかるために使うものではありません。

たしかに、試しに受けてみるというのは悪くありませんが、それだけではモッタイナイです。成績アップの起爆剤として利用するべきです。

よって、模試に向けて事前に勉強しておくことが必須です。

模試を申し込めば範囲表がもらえますのでチェックしてください。

基本的には、「その時点までに習ったもの全てがでる」という意識でいることが重要です。

こうすることで模試を受けるたびに、中2、中3生の場合は、前学年の復習にも意識が向くようになります。

 

参考リンク:

www.childcarenabi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です