小中学生の子育てナビ

小学生、中学生の保護者向けに、学力を伸ばす方法、子どもへの接し方を解説します。勉強に親がどうかかわるべきか、家で勉強しない、家庭学習を習慣化させたい、朝起きなくて困ってる。個別指導塾15年間の経験から解決法を教えます

小学生の算数が教えられない!そんな人でも説明上手になれる方法

f:id:hideti01:20170324235352j:plain

小学生の子どもに算数が教えられないと、焦りませんか? 親世代が小学生のころに習った解法と、今の教科書では違うことがあります。


・筆算のやり方がビミョーに違う(下手に教えたら、逆に子どもが困るのでは?)

・方程式なしで教えるのは難しい、、、、


例をあげればきりがありません。今回はそんな保護者向けに、子どもに分かりやすく自信をもって説明するテクニックを教えます。



子どもの質問でダントツ1位は「算数」


「これは、こうやって解くんだよ~」と教えても、「そんな解き方習ってない、、、」と言われたら親の面目丸つぶれですよね。もう二度と聞いていくれないかもしれません。



答えがでればいいでしょ!!!と心の中で思いながらも、ガマンの日々。先生の教え方にあわせてとかないとテストでバツになることが多いですからね。



やっぱり塾に通わせないとダメなのかな、、、でも今から行かせるのは早い気もするし、、、家の周りに評判のいい塾ないし。


いえいえ、塾に通わせなくても大丈夫です!



空き時間で簡単に、今の小学生が習ってる算数のとき方をチェックできる方法があります。



f:id:hideti01:20170325002914j:plain


何かといえば、リクルートの運営するスタディサプリという学習教材です。スマホやタブレット、パソコンで有名予備校講師の動画授業が受けられます。

スタディサプリで算数の授業動画を定期的に見ておけば、子どもが困ってるときに親が教えられます。



教科書の教え方と同じなので、時代が違う、、、という心配もありません。しかも教え方が分かりやすいと評判の先生ばかりなので、動画の内容をそのまま教えるだけでokです。


教えるために参考書を用意して独学する方法もあります。でも仕事や家事で忙しくて、三日坊主で終わる人が多いんですね。

参考書は、教え方が掲載されてるわけではありません。基本は教科書の内容を分厚くしたものです。



教科書や参考書には「分かりやすい説明の仕方」は書かれません。

親が一番知りたいことはソコなんですけどね。。。残念



いっぽう、スタディサプリは、講師の話がそのまま、教え方の手本になります。学校の先生よりも分かりやすい!と言われれば親の株も上がるというものです。




「そんな有名な先生の授業を受けられるなんて、、、お高いんでしょ。。。」と思うかもしれません。わたしも最初はそう思いました。


でもですね、スタディサプリは1ヶ月980円です。しかも算数だけなく、国語、理科、社会も含めて(学年は4年生から)


スタディサプリ公式ページを見てみる⇒




そんなに安いのはオカシイ!あとから追加料金とかあるんでしょ~


いえいえ、そんのありません。たしかに、入会金やテスト、教材費をあわせると、すごい値段になる学習塾が多いですからね。疑いたくもなります。



スタディサプリは、追加料金はありません。テキストはPDFでスマホやパソコンから見られます。




なぜこんなに安いかといえば、塾のように場所代がかからないこと。運営会社のリクルートが将来の投資的にやってるところが強いからだと予想されます。


勉強のできる子どもを育てることで、就活のときにはリクルート使ってね~という感じではないでしょうか?

スタディサプリは中学生、高校生まで対応してますから。なので安いからテキトーだとか、裏があるのではと疑う必要はありません。




そのまま動画を子どもに見せるのでも良いし、保護者が見るだけでも良いと思います。いろいろな使い方ができますよ。


今なら無料で7日間の体験授業が受けられます。手続きで料金の支払い方法を選ぶのですが、無料期間中に退会すれば請求されません。

スタディサプリ公式ページを見てみる⇒
www.childcarenabi.com




子どもはすぐ大きくなります。中学生になれば反抗期、高校生、大学生と成長し親から離れていきます。学習内容もどんどん難しくなるので、保護者では対応が難しくなっていきます。




子どもが小学生の間に、親子で勉強し、より良い方向に導いてあげてください。もちろん、家庭学習全てを保護者が指導する必要はありません。


子どもが算数の問題が分からないと話しかけてきたとき、力になれる準備をしておけば良いだけです。スタディサプリを毎日みる必要もありません。



小学校の授業はそんなに早くないですから。定期的に、「今どこ習ってるの?」と子どもに聞いておけば良いだけです。



以上「小学生の算数が教えられない!そんな親でも説明上手になれる方法」という話題でした。