【中学生】自分に合った勉強法の見つけ方[数値化すれば分かる]

このページでは、自分にあった勉強法を探してる中学生、もしくは保護者向けの内容になります。

「勉強法」には特別な響きがあります。

これさえやれば成績が上がる!という魔法のように。

「勉強法を知らないから成績が上がらない」という言い訳にも使われます。

自分にあった勉強法はどうすれば見つかるのか?
個別指導15年の経験をふまえてお話をさせていただきます。

結論:行動を数値化すれば、自分に合った勉強法が分かる。

多くの人が実践して効果を感じてる方法、科学的に効果が証明されてる勉強法が存在します。

例えば、「用語を暗記したいときは、目で見るだけでなく、書いたり、音読したり、耳で聞く」という勉強法があります。

王道と言われる方法を知っておくと、ムダな勉強をしなくてすみます。

でも、「これぞ今まで探してたものだ!!!」と、感動することはないでしょう。

なぜなら、自分に合った勉強法とは、探すのでなく自分用にカスタマイズするものだからです。

自分にぴったりの勉強法が必ずどこかにあるはず!!!と、探し続けるのをやめてくださいね。

あなたが友達に聞いたり、本やネットで見つけた方法。それをマネするだけなく、自分用に調整するだけ。

つまり、あなたの探してる物は目の前にあるのに、気づいてないだけ。

ダイヤは磨かないと、ただの石ころ。足元に転がってても、気づかないのと同じです。

じゃあ、どうすれば自分に合った勉強方法になるのかを教えます。

ポイント
勉強の内容を数値化する

勉強の適正時間を調べる

勉強とは「1日だけがんばれば良い」ではありませんよね。

今日はやる気があるから、3時間勉強した。
でも次の日になったら、全然やる気がなくで勉強しなかった。

少しでも良いから毎日続ける

人間は習慣化してるものは、よい悪いに関係なく続けようとします。

部活に入りたてのころは、練習メニューがきつかったとしても続けるうちに慣れてきた。

逆に、テスト週間中に部活が停止していて、練習を再開したら、きつくて困った。

こんな経験はないでしょうか?

続けてるときと、1回ストップして再開するときでは、全然違うんですね。

勉強も同じで、1回休むと、再開するときがしんどくなります。

時間がとれないときでも、1日5分で良いから勉強を続けることが重要です。

勉強時間を数値化する

とはいえ、毎日5分しか勉強しないのでは、成績アップは難しいですよね。

ある程度の勉強時間は必要なのは、分かると思います。

ここでやってはいけないのは「勉強時間」をネットで調べることです。

たしかに、学年×15分とか20分などの公式的なものはあります(ここでいう学年とは中1の場合7年生、中2は8年生、中3は9年生と計算します)

でも、あくまでも目安であり、アナタにあった数字とは限りません。

○○が苦手、▲▲を強化したい
という感じで学習課題はみんなバラバラです。

それにかかる時間もバラバラですから、目安の勉強時間を知ったところで意味はないのです。

大事なのは、あなたの適正時間がどのぐらいなのかを数値化することです。

普段と休みの2パターンで計測します。

どのぐらいの時間なら、勉強にとれるのか。そして集中力が続くのかを調べます。

調べるといっても難しいことはありません。ノートに、何時から何時まで勉強~休んで何時から再開、、、何時に寝る

という記録を残しておけば良いです。各時間ごとに記号で集中度合いを記録。(集中できてたら◎、全然ダメならバツなど)

ここまでがステップ1です。

次に、翌日の、「勉強のやる気」がどんな感じなのかを記録します。

この繰り返しで、1~2週間のデータをとって数字や記号から、あなたの学習最適時間をだすのです。

  • 5月13日(月)3時間勉強
  • 5月14日(火)やる気なし 5分勉強
  • 5月15日(水)やる気◎ 1時間勉強 集中◎
  • 5月16日(木)やる気○ 2時間勉強 集中▲
  • 5月17日(金)やる気▲ 30分勉強 集中☓
  • 5月18日(土)やる気◎ 3時間勉強 集中○
  • 5月19日(日)やる気▲ 2時間勉強 集中☓

このデータから分かることは、まだ3時間の勉強には慣れてない
ということです。

3時間勉強すると、翌日ガタッとやる気がおちてます。

なので「1時間」の勉強を毎日続けることが、現段階で「毎日勉強する」のに最適な学習時間だと言えます。
こうやって学習記録を数値や記号で残すことで、あなたの最適な学習時間が計測できます。

これは、塾で実際に生徒に計測させたデータです。

「1時間なんて、少なくないですか?」と言ってきましたが

「できない3時間よりも、毎日続けられる1時間のほうが、効果はでるよ」
とアドバイスしました。

「1時間なんて、少なくないですか?」

↑自分にあった勉強法を探してる子に限って、へんな部分を気にします。

自分ができる範囲から始める、それを毎日続けることが重要です。

自分にあった睡眠時間を計測する

記憶に重要なのは、「睡眠」です。

寝てる間に脳は、勉強した内容を整理整頓するからです。

「睡眠時間を削ってがんばる」というのは、自爆行為なので注意してください。

自分に必要な睡眠時間をはかって、1日のスケジュールから引いてしまう。

残った時間内で、勉強するようにしてください。

とはいえ、中学生には注意してほしいことがあります。

特に男子なのですが、寝すぎの子が多いです。

必要以上の睡眠はいりません。ムダに寝てないかだけは注意してください。

数値化する方法は、勉強法の適正時間をはかったときと同じでokです。

布団にはいった時間と、朝起きた時間を記録します。

朝起きたら、気持ちを記号で記録します。

よく寝れたと思ったら◎

まあ、寝れたと思ったら○

眠いなら▲

全然寝れてない、目覚ましでも起きられないならバツ

とします。

睡眠に関しては、◎になるのはなかなか難しいかもしれません。

なので○レベルを適正時間と考えるほうが良いと思います。

ねてる間に、一度目をさましたら、それも記録しておきましょう。

睡眠は、何時間ねたかも大事なのですが、あわせて「睡眠の質」も大事です。

途中で起きることが多いということは、睡眠の質が低下してる可能性もあります。

テストの結果を常に確認する

定期テスト、模擬試験の結果を、常にチェックできる状態にしましょう。

成績の悪い子ほど、テストの点数を覚えてません。

覚えてないのは仕方ないとして、じゃあ、家で調べてきてと頼んでも「分かりません」となるケースも。

成績のわるい子ほど「点数」を、自分の前から消してしまおうと考えがちです。

たしかに、良い点数でなければ、おもしろくないですからね。

テストの点数を「なぜこんな点数をとったの?」と反省するための材料と考えるのはやめましょう。

そうではなく、次にどうやったら、アナタの目標に届くのかを考えるための材料
と思うのです。

「なぜ(反省、親や先生が怒る)」ではなく「どうやったら夢がかなうのかのヒント(自分の味方)」と考えてください。

点数が分かれば、一番効果のある戦略を作ることができます。

模試で国語が100点満点中、30点

英数は60点、理社は70点台とします。


もし、あなたがこんな状態なら、どういう戦略をたてますか?

わたしなら、国語を最優先課題にします。

5教科の勉強で一番力をいれない子が多いのが「国語」です。

模試の直前に勉強する子に聞いても、国語はノー勉が多いです。

これは全国的に言える傾向だと思います。

とはいえ、ノー勉でもある他の教科よりも程度点がとれるのが国語です。(日本語の問題ですから)

それなのに、国語で30点ということは、致命的です。

無条件で負ける、ハンデを追ってるのと同じです。

仮に国語以外で社会も30点であれば、社会を優先するかもしれませんが、今回はそのパターンではありません。

国語を真剣に勉強すれば、他の教科の勉強にも良い影響を与える可能性もあります。
なぜなら、英語も数学も、日本語で理解するからです。

今なにをやれば、自分にとって一番得なのかをじっくり考える。

テストの点数を各教科見比べることで戦略がたてられます。

サンプルデータは多いほどよいです。

つまり、1回のテストデータだけでは、たまたまその点になったという可能性もあるからです。

学校のテスト、模試の点数を、ノートにまとめてみましょう。

そこから、感じたことを書き出してみましょう。

各教科の勉強時間割を数値化

英語、数学、理科、社会、国語、

各教科、どれだけ勉強してるかを知っておくことは重要です。

ここで言いたいのは、5教科をまんべんなく勉強してほしい
ということではありません。

テストの点数をあげるための戦略作り
そして戦略通りに行動できてるかをチェックするためです。

例えば、国語の勉強を少しやらないとダメだ
と戦略をたてていたとします。

実際に、各教科の勉強時間を数値化してみたら
英数ばかりやっていて、国語の時間が少なすぎた。

こういうことは、よくあることです。

仮に学習計画をたてたとしても、その通りに進むとは限りません。

その日のやる気に左右されることもあるでしょう。

すると、無意識に自分のやりやすいように勉強してしまいます。

国語を伸ばそうと戦略をたてたということは、その子にとって国語は勉強する習慣がない、もしくは苦手である可能性が高い。

なので、無意識に、習慣化されてる、もしくは得意な教科の勉強ばかりをしてしまう
というオチです。

自分では、やってるつもりでも、数値化してみると、意外に勉強してないことが分かります。
やってるつもりにならないようにするために、各教科の勉強時間は常に確認できるようにしておきましょう。