子供の作文の教え方。国語と算数の教科書からスタート!

「作文の教え方」を知りたい保護者向けの記事です。

子供にどのように教えればよいのかを、個別指導15年の経験をふまえてお話しさせていただきます。

子供に作文を教える:最初はテキストも原稿用紙もいりません

子供に作文を教える場合、いきなり専用のテキストを使うのはおすすめしません。

なぜなら、「作文は準備が8割」だからです。

つまり、書き方などのルール習得は全体の2割、残り8割は書く前で決まるのです。

子供の「伝えたい」を育てる

作文の書き方を教えても、本人が伝えたいという情熱がないと書けません。

原稿用紙を準備しても、なかなか書き出さない子供がいます。

原因は、書き方を知らない、作文を書くのに慣れてない。。。ではありません。

伝えたいという想いを閉じ込めてる、もしくは消し去ってしまってるからです。

まずは、親子の日常会話で、子供の伝えたいという想いを育ててあげましょう。

具体的なトレーニング法については、以下のリンク先ページにまとめました。

作文が書けない子供。保護者ができる3ステップ解決法

国語と算数の教科書は、作文を教えるのに最高の教材

教科書は文部科学省が定めた基準をクリアしたものです。

つまり、現時点で求められる学力が何なのかを、保護者が知ることができます。

求められてる基準を理解して、はじめて作文指導ができます。

わたしは良い作文とは「読みやすい(リズム)」「分かりやすい(メッセージが明確&ムダがない)」と定義してます。

美しい文章が書ければ一番良いでしょうが、少なくともこの2点をクリアしてないとダメでしょう。

子供に語彙だけ身につけさせても意味がありません。

国語と算数の教科書で「読みやすい(リズム)」「分かりやすい(メッセージが明確&ムダがない)」文を学べます。

現時点で求められる国語力が教科書で分かる

大人が子供に作文を教えると、どうしてもレベルの高いものが出来上がります。

夏休みの宿題で作文がでると、なぜかレベルが高いものが多いのはそのため。(保護者としては、抑えたつもりでしょうが)

子供が使わない表現や、妙に形式ばった文章がそれです。

国語の教科書は、学習指導要領が定めた、現時点で子供に求める表現法でまとめられてます。

作文を書かせるとき、お手本として保護者が使えます。

音読で読みやすい文章のリズムを習得させる

作文のテキストで「てにをは」を教えるだけで、読みやすい作文は書けるようになりません。。

知識はあってもリズムが悪い子の作文は、1文がとても長い。

なぜなら自分の頭に浮かんだことを、そのまま書いてるからです。

読む側の気持ちになれば、長い文が読みにくいことは分かるはずです。

他人の気持ちになる、一歩引いてみるにはメタ認知能力を鍛える必要があります。

しかし脳の発達も影響するので、教えてすぐ身につくものではありません。

なので、よい文章のリズムを音読で身につけさせます。

国語の教科書には、文部科学省が定める基準をクリアした、良質な文章がコンパクトにまとめられてます。

音読で良い文章のリズムが身につけば、読みやすい文を書けるようになります。

国語の教科書で「なぜ」を考えさせる

「今日の給食はカレーでした。おいしかったです」

↑こういう作文を書く子が多いです。

作文が苦手、なかなか書けない子の文章には「なぜ」が足りないのです。

なぜカレーがおいしかったのか?

その理由を作文にいれるだけ、何倍も良い文になります。

子供の「なぜ?」を育てるトレーニング法として、国語の教科書を使うのです。

「なぜ」を意識させて読むと、事実と理由がセットで書かれてあることが、自然と分かるようになります。

このトレーニングが、学校の授業をちゃんと聞いてれば分かります。

自宅では教科書準拠の問題集をとかせると良いです。作文の訓練だけでなく、テストで高得点もねらえますから一石二鳥です。

算数の教科書は、無駄のない文のお手本!

算数の問題を音読させてください。

算数は、一切の無駄を省いた、かつ状況が理解できる文章のお手本です。

作文が苦手な子の文章は長いといいました。ダラダラ、必要のないことを書き続けるからです。

正しく状況が理解できる作文を書くには、事実と感想(思ったこと)を分けて考える必要があります。

最終的には一緒になるのですが、構想をねる段階では、結論と事実関係で骨組みを作ったほうが、必要な情報の抜けを防げます。

算数の教科書は、特に問題文は一切のムダがありません。かつ回答するために必要な事実を抜けなくまとめています。

これは小学1年生の教科書でも同じです。現時点で、その子に必要な情報をムダなくまとめたのが算数の教科書です。

算数の教科書も音読させます

国語の教科書は音読させてるのに、算数はやらせてない家庭が多いです。

非常にもったいないです。

算数も音読させて、問題文の意味を理解できてるかを確認してみてください。

難しいことはありません。

文章題なら問題文の状況を正しく理解し、何を聞かれてるかを保護者がチェックすればokです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です