中学生には塾か通信教育か?どちらが良いか悩んでる保護者へ

定期テスト(期末考査や中間考査)で良い点数がとれない、国語、社会、数学、理科、英語の成績が良くない、、、。

何か手を打たないとヤバイと焦りますよね。

塾に通わせるべき?それとも通信教育かな?

個別指導15年の経験をふまえながら、保護者の悩み「塾と通信教育」について解説します。

インターネットの進歩で塾だけが選択肢の時代は終わった

10年前なら成績が悪い、伸び悩んでいる中学生の選択肢は「塾に通う」だけでした。
通信教育だと、3日坊主に終わり教材ばかりが家に届いて終わりというパターンになりがちだったからです。

しかし、タブレット教材が導入され、勉強が嫌い苦手な子にも「通信教育」を選択肢にできる時代となりました。

 

「塾」と「通信教育」、それぞれのメリット、デメリットがあります。

塾のメリット

強制力が働く

同じ曜日、時間に通塾することで、生活リズムを保てます。

次の授業までに宿題をやる習慣も身につきやすいです。(集団塾なら、宿題以外に予習も含まれることもあります)

塾は、人が直接指導します。よい講師、教室長にであえれば、子供に大きな変化が期待できます。

今までは、勉強が嫌いだったのに、塾には楽しそうに通ってる。

家でゴロゴロしてばかりだったのに、宿題を自分からやってる。

分からないところを質問できる

テキストを読んでも分からないところは、講師に直接質問できます。

(集団の場合、授業後に質問の行列ができて、なかなか聞けないというケースもあるそうです)




塾のデメリット

授業形式が合わない(集団塾)

集団塾の授業形式が合わない子がいます。

学校の授業が嫌いな子には、じっと座ってるのは苦痛です。
学校で先生が何をいってるのか意味不明な子には、塾だとしても集団形式はあわない可能性が高いです。

勉強ができる子には、自分で分かる部分も聞かないとダメなので、ムダを感じるかもしれません。

「授業の予習」が宿題の集団塾もあります。
勉強ができる、好きな子にはよいと思いますが、逆の子には合わない可能性が高いです。

もちろん強制的に勉強させることで、成績が上がる子がいるのも事実です。

とはいえ、(成績が上がったとしても)その重圧に耐えられず、やめる子もいます。

お金がかかる(個別指導塾)

個別指導塾は、子供に必要な分の授業を受けさせるとしたら、莫大な金額になります。

ゆえに、家庭学習こみこみで計画をたてます。
なので、家で勉強しない子は塾の効果がでにくいです。

家でなにをやるべきかまでは講師が考えますが、そもそも気持ち以前に、やるために必要な知識、力量が子どもにあるかがカギになってきます。

塾に完全にまかせるなら、気力の足りない子ほどお金がかかります。

費用を抑えるなら、それを補うなにかを保護者が準備しないといけません。

送り迎え

教室までの送り迎えが必要になるケースもあります。
単純に距離が遠い場合、それと女の子の場合は防犯上からですね。

送り迎えが必要な場合、保護者が可能かどうかが問題になってきます。

講師との相性

個別指導塾は、講師と1人に生徒2人程度で授業をやります。
集団とちがい講師との距離感が近いだけに、相性が良くないと苦痛です。

もちろん、講師選定は細心の注意をはらいますが、それでも合わないケースもあります。
(どの塾でも講師変更には対応すると思いますが、親子でコミュニケーションがとれてないと、そういう話に行く前に「塾やめたい」と子どもが言ってきます)

教室の当たり外れ

塾の雰囲気は、教室長と講師できまります。「大手の塾だから安心♪」みたいにはいきません。
講師を管理、指導する教室長の力量が、塾の評判、雰囲気を左右します。

これはフランチャイズの塾でも同じ。コンビニのように看板が同じなら中身も同じとはいきません。

ネットの口コミだけでなく、実際に目で見て、話を聞いて、授業を受けて確かめないといけません、
よい塾に通えればよいのですが、ハズレもあるので要注意です。




通信教育のメリット

子供のペースで勉強ができます

部活や生徒会、をやってると、決まった曜日、時間に通わなければならない塾は厳しいケースもでてきます。
勉強以外も頑張りたい子には、自由度の高い通信教育があってるかもしれません。

カリキュラムの自由度が高い

例えば、前学年の復習がしたいとき、ほとんどの塾では夏期講習や冬期講習で行います。
場合によっては、通常時でも前学年の復習がしたいときもあると思います。

通信教育のなかには、スタディサプリのように常時、全ての学年の勉強ができるものもあります。

塾よりも費用が安い

塾の料金(月謝)

20,000~3,0000円が相場

※2万以下の塾もあります。
※入会金、施設利用料、教材費、講習会費は別

個別指導塾の場合、週2回通って
2万~3万程度になります。

塾によりけりですが、週2回の通塾だと
英数のみになることが多いです。
5教科フルセットにする場合は3万を
超える可能性が高いです。
(5教科対応で3万以下の個別指導塾もあります。)

通信講座の費用(月額あたり)

進研ゼミ中学講座

中1:5,871円(税込)
中2:5,999円(税込)
中3:6,765円(税込)
※12ヶ月分一括払いの場合

スマイルゼミ

5980円(税抜き)~
※12ヶ月分一括払いの場合

ポピー

中1:4,370円(税込)
中2:4,465円(税込)
中3:4,655円(税込)
※12ヶ月分一括払いの場合

スタディサプリ

980円~

※テキストはPDFで無料配布
紙でほしい場合は、別途購入可

Z会

高校受験コース(5教科/iPadスタイル)
中1:10,800円
※12ヶ月分一括払いの場合

コースがたくさんあるので
中1の一例だけ掲載します。
詳しくは公式サイト料金シュミレーションをご利用ください。

注意
上記料金はあくまでも参考価格としてご利用ください。

料金は変更されることもありますので、正確な金額を知りたい場合は公式サイトをご確認ください。





通信教育のデメリット

子どもの自制力が必要

今日は疲れたから、明日がんばろう、、、となりかねません。

子供のやる気、自制力に左右される部分が大きいです。

基礎が抜けてる子には厳しい場合も

小学校で習う基礎的な計算ができない、漢字が読めないなど
基礎が抜けてる子には、教材が合わない可能性もでてきます。

中学校の成績で「3」をとれてれば問題ないと思いますが、「1」や「2」の子は教材を厳選しないといけません。

[Q&A]塾と通信教育、どっちが向いてる?

ここからは、お子さんの個別の状況にあわせて、塾と通信教育、どちらが向いてるかを話します。

不登校気味で、基礎がぬけてる部分が多い子にはどっち?

塾なら「個別指導塾」、通信教育も選択肢になります

・塾は向いてる?
不登校になる理由はさまざまあるので、一概にはいえませんが集団塾は合わない可能性が高いです。

個別指導の場合は、個人の状況に合わせられるので柔軟に対応してもらえます。
(ただし、塾や教室長の基本方針の範囲内で)

家族以外の大人と話をする機会を作るのは、本人にとってプラスの効果をもたらすかもしれません。

・通信教育は向いてる?

基礎のぬけ具合がひどすぎると通信教育は厳しい可能性も。
とはいえ、自分のペースで学習できますので試してみる価値はあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です