小学生の子どもの作文を何とかしたい!親が教える?塾を探す?

「作文」に関して小学3,4年生の子どもがいるお母さんやお父さんから、塾に問い合わせをいただくことが多かったです。一番気になる層が多い学年だと言えます。

親が家で見るにしても、書き方を指導できる塾を探すにしても、なかなか前に進まないのが「作文」の怖い所なんです。その理由と対処法を話していきます。

小学生に作文指導できる塾はそう多くはない

まず小学生の作文の指導ができる塾は少ないという事実があります。大学生受験の小論文指導ならやっている所は多いですけどね。

個別指導塾の場合、やろうと思えば指導はできます。ただし主要4教科のように、常にニーズがあるものではないので、指導経験が抱負な講師が少ないのが現状です。

 

「てにおは」の使い方など文法的な指導や添削はできても、どういう目標をもって、どのような順序で生徒に作文の授業をするのか、そういうレベルからスタートしないといけません

よく個別指導塾のホームページのカリキュラムの中に「作文特訓コース」と書かれてありますが、個々に教室にお問い合わせくださいという文言と一緒になっているパターンがあります。

それはグループ全体で共有しているカリキュラムがないこと、作文の指導ができる講師が常勤してないからという背景があるからです。

誰でもマニュアルに沿って小学生の作文の書き方を指導できる体制を、本部が作っているかどうかでフランチャイズ教室の良し悪しは決まります。

現段階では小学生の作文に対して熱心に取り組んでいる個別指導塾は見かけません。少なくとも全国にフランチャイズ展開している会社の中では。

なので個々の教室オーナーの考えで作文指導に力を入れるかどうかが決まります。もし小学生の子どもの作文をみてくれる塾を探す場合、国者数理の塾探しよりも大変になる可能性が高いことを覚悟しないといけません。

 

最近は通信教育会社と塾が合同で講座を作っている所も増えました。塾が生徒を集めて、通信教育会社が教材を提供(添削まで含める場合もあり)する形です。お住いの地域にあれば、検討してみるのもありです。

地域に作文指導に熱心な塾があればラッキーですし、10件回っても見つからない場合は、そういう背景があると諦めるしかありません。

 

親が子どもに作文指導するなら

では自宅で子どもの作文指導ができないかを考えてみましょう。

 

まず「てにおは」のレベルであれば、親がチェックすることは可能です。重要なのは作文というのは、書けばいいものではないということです。

いくら文法的に性格な文章でも、人柄の見えない作文の評価は低くなります。

文章を書くことの本当の意味は、書くこと自体にあるのではありません。

自分の周りで起きることの何に興味を持つのか?

そして何を感じ、どう考えたのか?

その思考を自分だけで消化するのではなく他人に分かりやすいように説明できるのか?

ここまで出来て作文は完成します。

 

この前提で親が子どもにできる作文指導を具体的に話していきます。

 

 

・話しやすい環境

・メイン教材
・読書
・音読

 

子どもが親になんでも話せる環境を作る

作文指導といえば、原稿用紙をひろげて。。。と思いがちですが、その前にやるべきことがあります。

それは「子どもがなんでも話せる環境」を作ることです。

 

「作文の書き方(技術)」は、練習すれば身につきます。

しかし、「感じる力」は、ある種の才能や性格で、訓練で育てるのは難しいです。

もちろん誰でも「感じる力」は持ってるのですが、大人によって抑制されると、表現できなくなります。(これは国語力とは関係ありません)

 

「学校でこんなことがあったんだ。。。」と話せる環境を作る

 

保護者は話を聴くだけ、もしくは承認だけします。

作文が苦手な子は、これは書いちゃいけないかな。。。と余計な心配をしてるケースが多いです。

内容はさておき、スラスラ書き始める子と、そうでない子の差。

これは、日常の会話にあるのではないかと感じました。

 

わたしに、「今日はね、学校でこんなことがあったんだ」と保護者ではありませんが、話してくれる子もいます。

そういう生徒の作文は、書き出すのは早いです。

思考とは脳の中だけは完成するものではありません。

言葉にして、口に出したり、紙に落とし込むことで、思考は深まります。

 

何でも書いていんだという状態でスタートラインに立ってもらう。

これには、保護者との会話をいかに増やすかにかかってると言えます。

※仕事で忙しくて、なかなか面と向かって話せないこともあるかもしれません。

そんなときは交換日記など、文字でやりとりすればokです。

 

 

まずはメイン教材をきめます。無の状態から作文の書き方を学ぶことはできません。

本屋さんにもテキストは販売されていますが、おすすめは通信教育です。

小学生の学年に応じて語彙力も違いますので、学年別にレベル分けされている教材が理想です。本屋さんには小学生用の作文教材はあっても、学年別はおいてないです。その点通信教材は子どもにピッタリなので楽しんで勉強できます。

作文を得意にさせるには「読書」と「音読」が必要不可欠です。自分の考えを紙に表現することをアウトプットとするならば、読書はインプットです。

読書で子どもの語彙力(特に感情)を増やす

インプットなくしてアウトプットはありえません。読書を通して、いろいろな視点で物事をみる目をもち、ボキャブラリー(語彙)を増やしていくことで作文の力を上げるのです。

語彙力が豊富であればあるほど、感じたこと、考え方ことをストレートに作文に表現できます。頭の中ではイメージできていても、言葉にできなければ相手に伝えることはできません。

言葉にできるから相手に自分の思いや感情を伝えることができるし、自分の記憶にもできるのです。

 

われわれ大人も、過去を振り返ってみましょう。「高校時代、隣の席の女の子の髪の香りが、、、」みたいなイメージを、「青春時代の甘酸っぱい思い出」と言葉にできるかできないかが語彙力の差です。

 

語彙力を増やすには、言葉が使われる場面と一緒に覚えるのが効果的です。この単語はこういう意味ですよ~。と教えても覚えられません(日本語だとしても)。英単語を覚えるのと同じになってしまうんですね。

 

読書は場面と語彙がセットで学べるので、これほど良い教材はありません。なので小学生の子どもの作文が気になる場合は、メイン教材で指導しながら読書をしっかりやらせてください。

音読トレーニングでリズムの良い文章を書けるようにする

そのほかに重要なのは「音読」です。作文が下手な子は、音読も下手という共通点があります。うまく音読ができない子どもの作文は、どうしてもリズムが悪いのです。

読書してる本を音読するというのはおすすめしません。音読はそれ自体を切り離してあげたほうが良いです。家で一番手軽にできる音読教材は国語の教科書です。できたらシールをあげると女の子は特に喜びます。

 

・家で教科書を開きたがらない子どもに、家で音読してもらうコツ

「お母さんにもお話きかせて~」みたいにして始める入りやすいです。間違えたところを何回もやらせるとかじゃなくても初めは良いです。つまずいても良いのでまずは子どものペースにあわせること。そのあとで間違えている部分を少しずつ修正していけば良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です