リビング学習のアイデア。子どもが勉強に集中できる環境作り

このページでは、小中学生の保護者向けに「リビング学習のアイデア」について解説します。

部屋の間取りは各家庭で違いますが、共通する悩み、デメリットがあります。

  • 片付けない(散らかる)
  • 来客のときに困る
  • 集中できない

ちょっとした工夫で、これらのデメリットは解消できます。

5つのアイデアを紹介します。

ミニほうきで消しゴムのカスを掃除

リビング学習のデメリットは、勉強したあとの掃除です。

特に多いのが、消しゴムのカス。

塾で子どもたちを観察すると3通りにわかれます。

  • 消しゴムのカスを集めてゴミ箱に捨てる
  • 消しゴムのカスを机から床にはらう
  • そのままにして帰る

小さいころからのしつけの問題だと思います。

個別指導15年の経験からいうと、頭の良い子は、きちんと掃除して帰りますね。

リビング学習を通して、掃除の習慣を身につけさせましょう。

手で集めてゴミ箱に捨てさせるのでも良いですが、ミニほうきを準備してあげると
楽しんでやってくれます(100円均一でうってます)

ミニほうきは、取り出しやすい場所に設置しておきましょう。

とりにいく動作が増えるだけで、面倒くさがります。

リビング学習するさい、子どもの動線に置くのがコツです。


リビング学習用の机を準備する

子どもにダイニングデーブルを占領されるのは困るという場合、勉強専用の机を設置するのもアリです。

学習机のようなゴツさはなく、リビングにおいても違和感がないデザインの机がIKEAや無印良品から販売されてます。


仕切りを作って勉強に集中させる

テーブルで勉強させる場合、周囲が気になって勉強に集中できない子がいます。

そんな子には、持ち運びが簡単な「リビング学習用の仕切り(ついたて)」を準備してあげましょう。

ここ1年、リビング学習用の仕切りが各メーカーから販売されだしてます。


来客が多いなら収納ワゴンが便利

来客が多い場合、勉強道具の収納場所の工夫が必要です。

見られたくないなら、収納ワゴンがあると便利です。

キャスターがついてると、来客があったときリビングから移動させやすいので便利♪

モノを定位置に戻す習慣は、小学生のうちにつけさせたいものです。

収納場所を一つの部屋の整理棚にしてもよいでしょうし、収納ワゴンにしてもかまいません。

大事なのは、道具の置き場を決めてしまうことです。

ポイント
全ての教材やプリント類を、収納ワゴンに保管しようとしないこと。

教科書や副教材もあわせると、相当な量になります。

リビング学習に使うものだけを厳選して収納すると良いでしょう。


明るさはライトでカバーする

勉強する時間帯にもよりますが、十分な明るさを確保しないといけません。

暗いなと感じたら、ライトを準備しましょう。

リビング学習用のライトは、持ち運びのしやすさも重要になります。