小学校でプログラミングが始まる!親は何をすればよいのか?

2020年度から小学校ではプログラミング体験が必修化されます。

これに先立ち、すでに授業が始まってる学校も多いと思います。

今回は小学校で必修かされるプログラミング体験に対して、親はどのように対応するべきかを解説します。

 

結論から言うと、「子どもがプログラミングは楽しい!」と感じる援助なら何をやっても構いません。

ロボット教室に通わせたり、家で作らせてみたり、コードを書かせてみたり。。。ただし
「(子どもが)プログラミングは楽しくない」と感じる援助は、親は控えるべきです。

「早くしないと出遅れる」と焦って無理にやらせる必要はありません。子どもがやりたいと言うまで、親はなにもしなくて良いです。

とはいえ、やっておいて損がないこともあります。

「論理的な思考法を鍛える」「目的意識をもたせる」「好奇心をつぶさない」

将来のプログラマーやエンジニアを育成するために、小学校でプログラミング体験をさせるわけではありません。

プログラミング的な考え方ができるように、そして子どもに身近に感じてもらうのがねらいです。
なので、コードを書かせるなどはしません。あくまでも体験や思考を重視します。

では「プログラミング的思考」とはなにか?

ざっくりいえば「論理的な思考」です。

Aに対する答えが「YES」ならBという行動を、答えが「NO」ならCという行動を

↑こんな感じで作業を分解してプログラムしていきます。

分解があまいと、YESとNOで制御できないので、うまくいきません。

なのでプログラミングのためにではなく、将来のために「論理的な思考法」を、子どもの学年に応じて身につけさせていくことは重要です。

国語の参考書や問題集でトレーニングするのが効果的です。

プログラミング思考を鍛える絵本もあります。絵本といえとも「プログラミング」を子供に直接連想させる内容になってます。一歩間違えると「プログラミングはおもしろくない」と思われてしまいます。好き嫌いがわかれるので、子供が読みたいと言ってきたときだけで十分です。

「論理的思考法」の他に大事なのが「目的意識」です。

「○○がやりたい」という目的があって、はじめてプログラミングは役立つのです。

子どもが小さいころから、プログラミングをみっちり教えたとしても、「なにをやりたいか」が明確でないと将来何の役にもたちません。

「プログラミングができる」ではなく「プログラミングでなにをやりたいかを考えられる」ほうが大事なのです。

これは英語教育も同じで、英才教育で発音もばっちりだとしても、英語でなにを話すか、つまり意見がなければ、会話にならないということです。

技術があっても、命令をだせないのであれば、誰かに命令してもらう(指示待ちタイプ)しかありません。

 

それではこれからの社会を生き抜けないし、子どもにそういう人生を歩んでほしくないというのは親の願いだと思います。

なので技術を身に着けさせるという視点で小学校のプログラミング教育をみないこと。

好奇心や情熱などの土台と、考える力、そしておまけ程度に、プログラミングって楽しい♪

という感じてもらえるように援助すべきです。

「何かをやりたい」という好奇心、そして「自分の行動に対する目的意識をもたせる」には

・子供がやりたいと言ったことは、できるだけやらせてあげること。

NGワード「どうせすぐ飽きるでしょ」

・子ども一人では難しそうなら親が手伝ってあげる(時間があれば)

「やりたいこと」はプログラミングに関係ないものも含みます。
広い意味での好奇心とお考えください。

もちろん、経済的な事情で難しいものもでてくると思います。

その場合でも、工夫して何とかならないものかと一度考えてみてください。

例えばロボット教室に通いたいと子どもが言ってきたとします。

月謝が厳しくて通わせるのは難しいなら、キットを購入して自宅で作らせるという手もあります。

子どもの学年にもよりますが、親の手助けがあれば、できるものは多いです。

「○○のために△△をやる」という目的意識をもたせることも、重要です。

ふだんの勉強でも、「宿題だから問題をとく」よりも、「計算が早くできるようになるために問題をとく」など、目的を意識させるのです。

ただ低学年の場合は、「これから何をするのか」「今日はなにをしたのか」を確認するだけでかまいません。

子どもが小学生のうちは「プログラミングができる」よりも「プログラミンでなにをやる」を重視してほしいと話しました。

たしかに、小さいころからコードを使って勉強させたほうが良いという意見もあるし、本人が望むならやらせても良いと私は考えてます。

とはいえ、「何をしたい」という心、広く言えば才能を育てる教育が最優先です。

将来は、「プログラミングができて当たり前」という世界になります。

しかも遠い未来ではありません。

そんなときに、「プログラミングができる」だけでは市場に埋もれてしまいます。

「プログラミングでこういうのをやりたい」という情熱や好奇心を大人になっても持ち続けられる子に育てることこそ、親がやるべきこと。

技術や知識はあとからでも身につけられますが、「脳の使い方」は15歳までにほぼ決まります。(ニューロンとシナプスの関係から)

大人になってからでも経験や学習で技術や知識は身につきます。しかし「性格や考え方、行動パターン」はそう変わりませんよね。

 

小学生のうちに、どう脳を育てるか、好奇心や情熱をもたせられるかです。

「プログラミング」だけでなく、幅広い知識や体験を積ませることが実は大事だったりします。

例えば親子でキャンプに行った体験から、「こういう道具があったら便利だろうな」と将来アイデアをひらめかせるかもしれません。

今は自分の居場所がネットだという子も増えてますが、プログラミングで仮想世界と現実世界を行き来できるように育てたいものです。

 

 

小学校では、プログラミングが楽しいものだと体験させることが中心になります。

プログラマーにするための教育ではありません。

もし、自分の子供に本格的にプログラミングを学ばせたいなら、もっと言えば、>(本人が望むかどうかはさておき)職業の候補として学ばせたいなら

「失敗を素直に認める」という教育もしっかりやるべきです。

問題が解けないと怒る、泣くという子もいるし
そこまではしなくても、すぐ間違いを消しゴムで消してしまう子もそうです。

プログラミングとは、常にバグの戦いです。

自分の無能さと常に向き合うのが
プログラミングという職業です。

失敗、間違いを素直に認め、そこから学び、より良い方向に進む努力をする。

この素質(広い意味での才能)を、小学生のうちに育てることが重要です。

関連記事

・小学生の間違いを指摘すると怒る|泣く子どもの勉強の教え方⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です