子供に教えるのはハードルが高いと思ってませんか?

「子どもに勉強を教えられない」と悩んでる保護者向けの記事です。

ハードルが高くて自分には無理~と思ってる保護者も多いです。

たしかに、「教える」とは奥深く、これが完成形という終わりがありません。
しかし、「(塾や家庭教師など)プロに全てお任せ」と、教えるチャンスを手放すのはもったいないです。

仮にプロに頼ったとしても、全てを任せるのはムリ、時間とお金の問題がからんできます。

勉強の基本は、家庭学習です。
学校を除けば、子どもが過ごす場所として一番長いのは「家」ですからね。

個別指導15年の経験をふまえて、「子供に教える」をテーマに解説します。

二種類の「教えられない」

「教えられない」は複数あります。

一つは、レベルが高すぎで「教えられない」。

中学受験に多いですが、教える以前に保護者が問題を解けないパターンです。

「解ける」の上に「教える」があります。

なので、自分が解けない問題は、教えられません。
教えるよりも、自分が解けるようになるのを優先してください。

もう一つの「教えられない」は、経験不足、もしくは教えたけど、子どもの反応がいまひとつ、、、。

上と違うのは、自分は問題が解けるということ。
前述の通り、「解ける」の上に「教える」があります。

仮に問題がとけても、子供に分かるように説明するのは、別のスキルを使います。
ここで、足止めを食らい、子どもに教えるのをあきらめ、塾探しをする保護者が多いです。

たしかに、教える方法を一から学ぶよりも、プロに任せたほうが早いと考えるのは間違いではありません。
しかし、特別なスキルがなくても、子どもに勉強を教える方法はあります。

それは、「子どもに話をさせる」という方法です。

やり方は簡単です。
教科書、ノートをテーブルの上にだします。

POINT
次に、先生に教わったことを、ママ(パパ)にも教えて~
と聞きます。

文字だけだと伝わりにくいかもですが、ここ一番重要!

学校であったことを報告してください
みたいな感じに伝わらないようにしてください。

あくまでも、共有したいというニュアンスが伝わるように。
今日、学校で習ってきたこととはいえ、人間の忘却が始まってます。

部分的に覚えてはいても、忘れてるものが多いハズです。
なので教科書やノートなどをひろげて、思い出させるのです。

ノートの内容や、教科書の挿絵などをみることで
授業の記憶がみるみるよみがえります。

実は、これが復習で一番大事なことなんです。
思い出す作業が、脳の記憶を強化します。

子どもの話しを聞くときのポイント、それは、教えないことです。
極端に言えば、「ママ(パパ)それ知らないから教えて」という姿勢で望むと良いです。

特にお子さんが小学生の低学年なら、楽しそうに教えてくれますよ。

今日はね「(かけ算の)2の段を練習したよ!
といったら、「聞かせて!聞かせて!」と言ってください。

「筆算」を習ったのであれば、やり方を教えてもらってください。

子どもが話してくれた内容で、重要そうなことは自分のノートにメモしておきます。
そこからテストが出るかもしれませんし、夏休みや冬休みなどの復習指導すうときに役立ちます。

算数は自分が習った方法と、今の子はやり方が違うということで、教えることをためらってる保護者も多いと思います。

今の教え方を保護者が学ぶ以外にも手はあるわけで、今回のように子供の話しを聞けばよいのです。

解き方は少し違っても、答えは自分で出せるのですから、十分対応できますよ。

こんな記事も読まれてます

親子で勉強してる様子子どもに勉強を教えるには?ストレスフリーの接し方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です