塾代の節約について。高すぎると悩んでる保護者へ

子供の塾代が高くて困ってるママ

「塾代が高いな」と悩んでませんか?

もしくは「子どもに塾に通わせたいけど塾代が高くね」と思ってませんか?

今回はそんな保護者に向けて、塾代の節約について解説します。

個別塾で15年間務めてきた経験をふまえて、お話をさせていただきます。

 

結論からいいますと、「無理に塾に行かせる必要はない」ということです。

借金してまで子どもに塾に行かせる価値はありません。

子どもの教育にかけるお金は、聖域とされてきました。

つまり、どんなに生活が苦しくても、子どもの将来につながる塾代はケチらない。
というのが暗黙の了解だったのです。

 

しかし、時代は変わりました。今やネットを使えば、質の高い授業が低価格で見られます。

塾を情報収集の場として使う保護者も多いですが、今やSNSで質問したり、ネットで検索すればある程度の情報は収集できます。

子どもの成績アップや受験のために塾ありきで考えるのは、お財布に優しくありません。

もちろん塾に通わせるメリットもあるので、それにお金をだす価値を感じるなら多少の無理はしても良いかもしれません。

ただ、塾依存症になってしまうと、お金だけがかかるのは間違いありません。

 

すでに子どもを学習塾に通わせてる人、
どうしようか悩んでる人

どちらの方も、一度リセットして一緒に考えてみましょう。

 

話しをすすめるためには、なにか目安があったほうが良いですね。

なので中3の子どもがいると仮定しましょう。

集団塾と個別指導塾では、塾代は違います。

個別指導塾に週2回通わせたとして、大手なら塾代は3万ぐらい。

これを目安に話します。

少しやすい塾を探すと、2万円前後で済む場所もみつかります。

ここでポイントになるのは、何教科できるかということです。

オーソドックスなのは英数で構成するパターンです。

週に英語を1回、数学を1回やるということです。

 

いまは5教科面倒をみてほしい~という保護者が多いので
これにオプションとして国理社をつけるケースもあります。

もちろん追加料金はかかりますが、週3通わせる場合の塾代よりは
抑えるように設定されてます。

ミニ集団塾で映像機材を利用することで代金をおさえてます。

授業形式は、先生が説明して、別の生徒をみてる間に問題をといて丸付け

このくり返しをする塾もあれば、

 

自分で説明を読んで演習&丸付け。分からないところを先生に教えてもらうという形式もあります。

あとは、全てパソコンでやってしまうところもあります。

 

どの塾も形式が違うので一概にはいえませんが、学校の成績で4をとれる子どもはコスパが悪いといえます。

塾なしで4をとれるということは、ある程度の基礎力があるのは想像がつきます。

5をとれる子との違いは、自ら学ぼうとする意志です。

 

わたしの経験では、5をとれる子は、自分はこう考えたけど答えがでない。だから教えてほしい。と具体的な質問をしてきます。

4のレベルの子は、そつなく勉強するタイプ。ちょっと勉強するだけで、ざっくりと習得はできます。ただ、学びたいという意志は少ないので、どうしてこうなるの?という積極的な質問は少ないです。

4の子が塾にいくと、読めば分かることを講師に説明され、演習と丸付けをふつうにやって終わり。

これじゃ家で勉強するのと変わらない。。。という状態になる可能性があります。

テキストの説明文をそのまま説明するような指導をする塾ではコスパが悪い
ということです。

・こういう覚え方があるよ!とプラスαの説明がはいる

・なんか分からないけど講師と話しをすると楽しい(ほめられるから)

そういう付加価値を提供できる塾でないとコスパは悪いです。

 

さらにいえば、ほめるだけなら家でもできるはずです。

もちろん身内にほめられるのと、他人にほめられるのでは受け取り方が違いうでしょう。

どこまで塾代にだせるかで考えるべきところです。

 

成績4~5の子どもに関しては、無理に塾に通わせる必要はありません。

入試や目標にたいして、どうしても必要であれば問題ありません。

しかし本人が望んでもいないのに親の安心や、友達が通わせてるから。。。というある種の見えで行かせる必要はありません。

もし苦手な教科があれば、それだけ受講させる(週1回に塾代を節約)、もしくは全てを家庭学習に切り替えても十分対応できます。

 

成績2~3の子ども

 

週に2回で通わせるとして、成績2~3の子どもは、塾代の割り切りが必要です。

週2回で5教科をカバーできません。

苦手な1教科を週2回にするなどしないと効果は出づらいかもしれません。(これでも足りないかも)

 

個別指導塾も集団塾も、授業時間だけで全てを解決しようとはしてません。

家庭学習の時間もいれて効果がでるように授業をします。

じゃあ、成績が2~3の子が家庭学習をしようとおもったときに、一番の壁になるのはなにか?

それは前提知識が不足してるということです。

例えば数学の放物線の課題をとくにしても、中1で習う累乗の計算ができないととけません。

受験対策とし中1の反比例を勉強するにしても、小学校でならう分数を理解してないと解けません。

つまり、不足してるものが多いほど、復習の時間が必要であること。

そして自力でできないケースが多いので、塾の授業を増やすしかなく、塾代は増えるばかりということです。

 

成績2~3の子は、まだまだポテンシャルがあります。

教えた分だけどんどん吸収してくれます。

ただ、知識を構築するにはそれなりに時間も必要ですし

その説明を受けるための授業時間の確保が必要になります(もちろん家庭学習も必要)

 

なので塾代を節約するという意味では、塾に過度な期待をしないこと。

つまり5教科全部をやってもらおうと考えるのではなく

なにか1教科を伸ばして、その自信と経験を他教科に生かすようにもっていくのが無難です。

 

もしくは、割高になりますが、マンツーマンの授業で週1回かよわせる。

そこで複数教科をみてもらう手もあります。

教えてもらうというより、コーチとして勉強のスケジュールやモチベーション管理をしてもらうのです。

この形式でいくためには、自宅学習でテキストの説明を読んで理解できる力が必要です。
小学校の基礎知識があることが最低条件です。

 

以上個別指導塾を例にして話しました。集団塾は、個別指導塾より塾代が安くなるのが一般的です。

ただ、大量の予習、集団形式、この2つに耐えられるかが大事で、無理に通わせると塾代がムダになります。

講師の質が、明暗を左右するので体験授業は必須です。個別指導塾なら、自分にあわない講師はチェンジできますが、集団塾はムリですから。

質問しやすい環境かもチェックポイントです。授業終了後は講師の前に長蛇の列ができて、とても質問できる環境ではない。。。というのであれば、成績が高い子ほどコスパは悪くなります。

家庭学習の習慣がついていて、特定の教科だけは塾の指導がほしいのであれば個別指導塾に週1回だけ通わせるようにしたほうが塾代の節約になります。

人との出会いが人生を変える

こういう経験をされた方も多いと思います。

学習塾とはそういう意味で、子どもたちの人生を変えるかもしれません。

わたしは子どものころに塾に通いたくても、家の都合で通えませんでした。

そんな自分が15年間、個別指導塾で子どもや保護者と接してまいりました。

どちらの状況もわかるし、お金に余裕があるなら、そして本人が希望するなら塾に行かせるのはアリだと思ってます。

ただお金は有限ですから、保護者による塾の吟味は必須です。

塾の設備が良いから、大手だからといって
お金を湯水の如く使うのはNGです。

 

大事なのは、1人でも勉強できる習慣をつけることです。

それができなければ、塾に通わせても成績があがる可能性は低いです。

週に4回とか5回授業をいれるなら話は別ですが。。。

貴重なお金を払うに足りる塾なのか?

そこをしっかり考えてみてください。

 

このブログでは、子どもが勉強する意味を「大人になっても1人で勉強できるようにするため」と定義し、小中学生の子どもに家庭学習の習慣をつけさせることを理念に活動してます。

ぜひ、他のページもご覧いただき、お役立ていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です