子供のニキビに悩んでる。保護者が自宅でケアする方法

このページはニキビで悩む小中学生の子供がいる保護者向けの記事です。

・ネットで調べたけれども、何をして良いのか分からない。

・皮膚科に通わせてるけれども症状が改善しない(むしろ悪化してる)

・小学生からニキビは早い?

・生活習慣には気をつけてのにニキビはなぜできるの?

↑このようなお悩みがある保護者に向けて、子供のニキビとの接し方について解説します。

まず保護者は子供のニキビを気にしすぎないことが大事です。

「そんなこと答えは聞いてないの」と怒るかもしれませんが、とても大事なことです。

このブログでよく話すのですが、親と子は鏡の関係なんです。

親が慌てれば、子も慌てるんですね。

たしかに、ニキビが原因で子供が学校でいじめられないかな?

女の子だから将来が心配。。。。と焦る気持ちは分かります。

ただ、親がニキビを気にするほど、それが子供にうつるので注意してください。

親はどっしり構えていてほしいです。

ニキビは皮脂が多い子供の時期はある程度は仕方ない
と考えてください。

そして完全に消そうと考えないことです。

消そうと思うほど、消えないときの親の失望感や焦りは大きく
子供に悪影響して、隠れてニキビをつぶしたりします。

もちろん症状や体質によっては完全に治せるかもしれません。

ただ多くの場合は、思春期が終わるまではどうしようもない
というケースが多いです。

大事なのは、終わりがくるまでに、いかに肌にダメージを残さないか(ニキビ跡を作らない)ここに保護者は集中するべきです。

親の初期対応はとても大事です。

思春期ニキビは中学生から始まることが多いですが、最近では小学生の割合もふえてます。

大人になってニキビ跡に悩んでる人の多くは、小学生のころからニキビができてます。

保護者の初期対応しだいで、思春期が終わるまでの間にできるニキビ跡の数を減らせます。

思春期のニキビは皮脂の分泌量が多いことが主な原因です。

なので食生活や睡眠などの生活習慣、そして洗顔などのスキンケアが大事だと
よくネットで書かれてあります。

ありきたりですが、子供のニキビケアにはとても重要なことです。

皮膚科に行けば飲み薬や塗り薬はもらえますが、基礎土台がぐらついてれば、どんなケアをしても効果がありませんからね。

ただ、食生活や睡眠などは、保護者が管理するのにも限界があります。
小学生ならまだしも、中学生になると反抗期で言うことを聞かなくなりますからね。

なので、自分の子供であっても、管理できる範囲は限界がある、
ということを保護者が先に意識しておくことが大事です。

そうすることで無用な焦りやイラつきを抑えることができます。
ニキビとの戦いは長期戦であり、勝つ(消す)ための戦いではなく、負けないための戦い(ニキビ跡をできるだけ残さない)と考えたほうが良いのです。

食事はできるだけ油っぽのをさけることがベストですが、それでは夕飯の献立を考えるのも一苦労です。

ときにはスーパーのお惣菜で済ませたいときもありますよね。

なので、無理しない程度に油ものを控えるように献立は作るべきです。

1ヶ月がんばれば、子供のニキビは消えますという保証があれば、親なら誰でも「我が子のため」とがんばります。でも、そんな保証もどこにもないし、むしろ完全に消すことのほうが難しいケースが多いのです。

長期戦では、親は焦らないこと、イラツカないこと、悲しまないこと。

特に視線に注意してください。

親がいつも子供のニキビをみてると、子供が視線を強く意識するようになります。

そうすると、学校のお友達や先生の視線も気にするようになります。仮に誰も子供のニキビを気にしてないとしても、本人は気にするようになります。

そして、相手の目を見て話もできなくなる子もいます。
親と子は鏡の関係であることを、しつこいようですが忘れないでください。

小学生や中学生のニキビには、シンプルケアが一番です。

洗顔は泡が大事だとよく言われますが、石けんから泡を作るのがどれだけ面倒なことか。

子供に任せたら、ショボショボの泡しか作らないし、親が毎日やるのも難しいのではないでしょうか?

泡の大きさよりも、粒子が大事なのです。

石けんだと衛生面も気になるところです。

小中学生のニキビケアには、チューブタイプの洗顔料をおすすめします。

できれば、洗顔だけで全てのケアが終わるものが良いです。

化粧水やクリームは、面倒で続かない子が多いです。

精神的に追い込まれてる子なら、続けられるのですが、

それほど気にしてないとか、小学生だと、面倒&忘れるということで
お金のムダになる可能性が高いです。