小中学生の子育てナビ

小学生、中学生の保護者向けに、学力を伸ばす方法、子どもへの接し方を解説します。勉強に親がどうかかわるべきか、家で勉強しない、家庭学習を習慣化させたい、朝起きなくて困ってる。個別指導塾15年間の経験から解決法を教えます

中学英語の先取り学習|子どもが小学生のうちにできる勉強法

f:id:hideti01:20171109162726j:plain
子どもが小学生のうちから中学英語の先取り学習をさせよう。

このようにお考えの保護者に、良い勉強法について解説します。

個別指導塾で15年間子どもたちに接してきた経験を語ります。


英語の先取り学習の前に、国語は大丈夫かをチェックする

たしかに英語を先取り学習することは大切です。中学生になってから慌てるよりも、ゆっく勉強できるメリットは大きいです。


しかし、先取りすることに意識がいきすぎるのも問題です。

正直言えば、小学6年生の1月から先取り学習をはじめても遅くありません。

なによりも優先すべきは国語力です。


なぜなら、母国語と第二言語では習得する過程がちがうからです。


「文法を学んだから日本語を話せるようになったのですか?」

この質問には「いいえ」と答える人がほとんどだと思います。


赤ちゃんのころから大人の話を耳にして、自然に覚えていくもの。

こういう認識があろうかと思います。


注意点は、文法を学ばず自然に身につくのは母国語という条件つきです。


英語は母国語ではなく第二言語です。

英語(第二言語)の習得は日本語(母国語)の影響が強くうけます。



なぜなら英語のルールを学ぶとき、日本語で考えるからです。

基礎になる日本語の力がなければ、英語のルールもきちんと理解できません。



例えば「This」について考えてみましょう

中1英語で

This is my book.

なんて英語を習います。


「これは私の本です」


特に問題はないと思います。



しかし、このあとに


This book is mine.

「この本はわたしのものです」

という英語を習います。


Thisは「これ」と「この」の2つの使い方があります。


代名詞の「これ」

形容詞の「この」

を日本語で区別できないと


英語でも正確に表現できません。


「これは私の本です」も「この本はわたしのものです」も
言わんとしてることは同じなのだから


This book is mine.

を訳しなさいといわれて、どちらで書いてもいいんじゃないの?
とはなりません。


たしかに会話としては、どちらを使用しても通じるでしょう。

しかし、問題なのはそこではなく、子どもが言語の構造を理解できてない。

しかも英語だけではなく日本語を。という致命的な部分をぼやかす傾向があるのです。


英語ができないのが問題ではなく、日本語を理解してないことが問題なのです。

なぜなら全ての学びは母国語で行われるからです。

英語ばかりでなく理科も数学も、社会もです。


日本語ができなくても数字なら大丈夫でしょ
とはいきません。


数学の数字は思考の一部を視覚化しただけにすぎません。

あたまのなかでは日本語で論理的に考えるわけですから。





言語には必ずルール(文法)があります。

世界各地の言語と比較して、日本語はルールがゆるいと言われてます。

英語は日本語よりもルールが明確です。


だからアメリカ人が日本語を習得しようとすると、とても苦労するのです。

「ルールがゆるい」=「習得が簡単」ではありません。例外が多く、逆に覚えるのが難しいのです。



子どもが小学生のうちに国語力を育ててないと、英文法を正確に理解できません。

・アルファベットを書けるようにする

・英単語を覚えさせる

・日常会話でよく使うフレーズを覚えさせる

↑これらは丸暗記でなんとかなります。

しかし、中学英語は英文法をしっかり理解しないとテストで点がとれません。


幼稚園、小学生のうちから英会話スクールに通ってる子でも学校のテストは70点ぐらしかとれない。。。

「勉強をみてほしい」という保護者に多く出会いました。




まずは小学生でならう日本語のルールをしっかり理解してるか。

ここをチェックしてください。

それと語彙力も足りなければ増やしてください。


中学になるとどうしても英数が中心になり
国語は後回しにされます。



本屋さんで、教科書に関係ない国語の問題集を購入してください。

どの程度とけるかをチェックしてみましょう。

できれば主語や述語など、日本語のルールについての問題も収録されてるものがベストです。


語彙は辞書で調べさせながら増やすのが一番ですが、難しいようなら語彙を増やすための書籍を準備するのでもokです。

www.childcarenabi.com



タイムスケジュールとしては、子どもが小学6年生の12月いっぱいで仕上げることです。

冬休みがおわったら中学1年生の英語の先取り学習を始めると3ヶ月程度はやめにスタートできます。


先取り学習に使う教材は、教科書準拠でないほうが良い

わたしが小学生に英語の先取り学習をさせるときは、教科書を無視して英単語と英文法の仕組みだけを教えてました。


英文法の構造を効率的に理解させるなら教科書は無視したほうが良いです。

なので、先取り学習、長期休みは教科書無視、それ以外は教科書準拠でテスト対策をしてました。

テキストは本屋さんに売ってる中学生用のものでokです。


【家庭学習】 中学英語の先取り学習におすすめ!

さいごに、「小学生の国語」「中学英語の先取り学習」が同時にできる教材を紹介します。

リクルートがやってるスタディサプリという教材です。



有名講師の動画授業、テキスト、問題集がセットになってます。

ネット環境があれば、スマホ、タブレット、パソコン、なんでもokです。


費用は月980円(税抜き)で、5教科学び放題です。

テキストはPDF形式になります。紙でほしい場合は別途料金がかかります。



小学講座と中学講座を同時に受講できるメリット

2講座だから値段が2倍になることはありません。

小中を横断できるので、国語は小学講座、英語が中学講座を受講させれば、国語力と先取り学習が同時にできます。

もちろん、英国以外の教科も学び放題なので、小学生の総復習、数学の先取り学習など使い方は自由です。


スタディサプリ公式を見てみる⇒


スタディサプリ利用者の2人に1人が難関大学に合格

スタディサプリをすすめる理由は、大学受験にもメリットがあるからです。

スタディサプリで大学に合格した
2人に1人が難関大学に入学してます。


大学受験なんて先の話。。。まだ早いと思うかもしれません。

しかし、本当にあっと言う間です。

わたしが小学生のころからお預かりして、大学受験に合格するまで一緒に勉強してきた身としては声を大にして言いたいところです。


将棋はコマを動かすほど不利になります。つまり最初の陣形が最強なのです。

子どもの勉強も同じで、時間がたつほど不利になります。

中学の勉強についていけないとなる前、小学生のころからスタディサプリの環境で、分かりやすい授業を受けて家庭学習の習慣がつければ、難関大への合格も夢ではありません。


月に980円でそんなことできるわけないでしょ

と思うかもしれませんが、「できます」

授業の分かりやすさはピカイチです。授業の下手な学校の先生の話を我慢して聞いたり、先生や、近所の塾に行かせるよりも、子どもにメリットはありますよ。


スタディサプリは質問ができないだけ。

スタディサプリは小学生、中学生と自由に横断できるので、苦手な分野の補強がいつでもできます。勉強が好きな子には、どんどん先に進ませることもできます。


個別指導塾にいたわたしが言うのもなんですが、これほどの環境を月980円で準備できるのは、さすがリクルートだなと。

やすかろう悪かろうではありませんので、安心して利用してみてください。


お得なキャンペーン情報

今なら14日間の無料体験に加えて2,000円のキャッシュバックキャンペーンをやってます。

f:id:hideti01:20180222142932p:plain

応募方法はカンタンです。

www.childcarenabi.com


下のリンク先ページを開くと、キャンペーンコードが表示されます。

それを無料体験申込み時に書き込んでください。

キャンペーンを見てみる⇒










・こんな記事も読まれてます

www.childcarenabi.com

www.childcarenabi.com

www.childcarenabi.com