小中学生の子育てナビ

小学生、中学生の保護者向けに、学力を伸ばす方法、子どもへの接し方を解説します。勉強に親がどうかかわるべきか、家で勉強しない、家庭学習を習慣化させたい、朝起きなくて困ってる。個別指導塾15年間の経験から解決法を教えます

【小学生】女の子のすね毛が濃い悩み。保護者の対処法

f:id:hideti01:20161103174320j:plain
小学生になる娘さんの毛が濃いことに悩んでいる保護者が多いです。特に「脚」の毛が気になるパターンが多いです。

すね毛が濃いと、スカートをはきたがらなくなります。小学校でいじめられたのではないかと心配にもなりますよね。

今回は毛深い女の子のムダ毛処理について解説します。
(この記事は2018年4月14日に更新されました)


スポンサーリンク


大前提として、「女子だからスカートをはかないといけない」という考えは、私にないことを先にお伝えしておきます。

今や高校生の制服でも女性用のズボンがあるくらいですからね。

親に隠れてカミソリや毛抜きで処理する女の子が多い。肌はボロボロで毛が濃くなった

この記事を書こうと思ったのは、お母さんに内緒で脚の毛の処理してた生徒がいたからです。

すね毛が生えるたびにカミソリで剃り続け、アフターケアなしだったので肌がボロボロに。


中学生や高校生になっても肌が汚いコンプレックスが消えず、夏の暑い日でもタイツ着用という徹底ぶりでした。

男の子なら毛深くても、それほど問題にはなりません。

でも女の子は毛が濃いだけで仲間はずれにされます。

f:id:hideti01:20180304213027j:plain

「触ると、毛深いのがうつる」とウワサが教室中にどんどん広ります。勉強どころじゃないし、不登校になるかもしれません。

友達にからかわれなかったとしても、女の子は精神的な発達が早いので、コンプレックスになることが多いです。



「毛が濃くなるから剃っちゃダメ!」では子どもの悩みは解決しません

小学校では体育の時間にプールがありますよね。

毛深い脚を見られるのが恥ずかしくて、「具合が悪い」とウソをついて学校を休む子もいます。

f:id:hideti01:20180216142035j:plain


「なんで、相談しれくれなかったの?」と言う保護者もいますが、毛の話はデリケートで恥ずかしいと感じる子どもが多いです。


もちろん「すね毛が濃いのが恥ずかしい」と気軽に話す子もいます。

しかし、「毛が濃くなるから剃っちゃダメ!!」と言われるだけで明確な対処法を教えてもらえない。


いずれにせよ、切羽詰まって、自分でムダ毛処理することに。


アトピーで肌が弱いのにカミソリで処理をやり続けた小6の子もいます。

f:id:hideti01:20180304220330j:plain

きっと痛くて泣きながら剃っていたと思います。

そのぐらい友だちと違うことが根深いコンプレックスになる年齢なのです。


剃りすぎてすね毛がめちゃくちゃ太くなって困っている高校生もいます。

小学生の間なら私服で済みますが、中学生や高校生のほとんどは制服。


しかもスカートなので脚をみせたくない女子には悩ましい問題になります。

地方で私服の高校といえば、進学校の一部にしかありません。


なので濃いスネ毛のために、一生懸命勉強して地域で一番頭の良い高校に入る子もいました。

それはそれで良かったのかもしれませんが。



親に隠れてカミソリで剃らないにしても、すね毛を抜いてる女の子はいるので注意してください。

毛抜きを使わず、気になった部分を手でひっこぬく感じです。


実は抜くほうがカミソリよりも肌を傷める可能性が高いです。


抜き方が悪いと途中ですね毛が切れてしまい、毛穴に残ってしまいます。

これを世間では「埋もれ毛」とか「埋没毛」とよんだりしますね。
黒いポツポツが目立って、カミソリを利用しても処理できません。

なぜなら皮膚の中に毛が隠れこんでいるからです。


運が良ければピンセットで治すことができますが、ほとんどのケース毛が生えるまで待つしかありません。

※ピンセットで肌をいじりすぎると、ボロボロになります。

やるなら一発で仕留めること。無理ならやらないことです。



子どもが毛深いのは気づいてるけど、対処法がみつからない

「どうしようかな?」と打開策が見つからないうちに、子どもが気にしだします。


すね毛をカミソリで剃るのは簡単です。

しかし、「肌を傷めない?剃ったら前より濃くならないの?」と手が止まります。

自分の肌なら気にせずやれても、我が子の話となると頭をかかえますよね。。。


ネットでは「毛染めして目立たせないようにする方法」が紹介されています。

たしかに遠目でみると、黒い毛がチラホラしているよりは目立ちません。


ただし本人が納得するかどうかは別の話。
ちょっと近づけば分かることだし、染液で肌荒れする子もいます。

小学生の女の子のすね毛処理には抑毛剤がおすすめ

肌を傷めずに濃いすね毛を処理するなら、抑毛剤がベストです。


抑毛剤は除毛(脱毛)クリームとは違います。

あれは強い成分で毛を溶かすので小学生の女の子に使うのはおすすめしません。


f:id:hideti01:20180305123013j:plain

抑毛剤には毛を溶かすような強い成分は入ってません。

これから生えてくる毛にジワジワと働きかけ、細く目立たないようにします。

塗るだけなので、子どもが嫌がりません。


f:id:hideti01:20180226184630j:plain


抑毛剤は、イソフラボンの効果で女性ホルモンを優位にして、毛を細くします。

毛深い理由は男性ホルモンが優位になってるのげ原因なので、逆に力を活性化させれば毛が薄くなるわけです。

この仕組みを詳しく知りたい人は埼玉医科大学名誉教授の高濱素秀さんの本が分かりやすいです。






おすすめの抑毛剤は「コントトールジェルME」です。


f:id:hideti01:20180216141730j:plain

天然成分にこだわった抑毛剤なので、子どもにも安心して使えます。


メーカーに問い合わせたところ、特に年齢制限はないそうです。

子どもに使うとなると、副作用がないか心配になりますよね。

コントロールジェルは薬ではなく化粧品なので、長期間つかっても副作用はでません。



f:id:hideti01:20180305135410j:plain

高い品質を求めるため、大量生産できないようです。

薬局、アマゾン、楽天でも買えません。
公式サイトのみの注文受付になってます。


販売できる数に限りがあり、しかもリピーターが多いそうなので在庫がないことも。

興味のある人は、公式サイトで在庫数をチェックしてみてください。


コントロールジェルの在庫を公式でチェック⇒



コントロールジェルは通販でしか買えません。

天然成分なので肌が弱い子どもでも使えます。

しかし、手にとって確認できないので、不安な人もおられると思います。


サンプルはありませんが、60日間の返金保証がついてます。肌に合わない、効果に満足できない場合は返金してくれます。

なので安心して試してください。


ちなみにコントロールジェルは子どもだけでなく大人にも効きます。
親子で試してみるのも良いかもしれません。


コントロールジェルの公式ページを見てみる⇒


時間がない人には、カミソリ処理との併用がおすすめ

髪の毛と同じで、寿命がくれば毛は自然に抜けます。

ただ数ヶ月は待たないといけません。


「そんなに待てないよ。」と思う人も多いと思います。

だんだん暖かくなってきましたからね。


そんな人にオススメなのが、カミソリ処理とジェルの併用です。


ジェルを毎日塗るのは変わりませんが、適切なタイミングでカミソリ処理をするのです。

こうすることで、今生えてる毛が抜けるを待たなくてすみます。


ただ、カミソリ処理にはデメリットも存在します。

どのように問題をクリアすればよいかをまとめました。



カミソリで剃っても毛は太くなりません


毛の切断面が斜めに入ることで太く見えるようになるだけです。


カミソリ負けしない方法

カミソリ処理を続けると、肌荒れする子もでてきます。



カミソリを使うときは石鹸の泡よりも、シェービング剤がおすすめです。

髭剃り用のモコモコの泡です。薬局で5~600円で売ってます。

女性用の物もありますが、家に男性用のものがあれば代用できます。



毛処理したらコントロールジェルを塗ってください。

ジェルには保湿と細胞を修復してくれる成分*1が入ってるので、アフターケアとしても最適です。

f:id:hideti01:20180219113636j:plain



ジェルの効果でムダ毛の生えるスピードは落ちてきます。

つまり毛処理の回数が減るので、子どもの肌への負担も減るということです。



ジェルの抑毛効果と保湿力で、肌のカミソリ負けは防げます。

ジェルの効果で毛が細くなってきたら、ムダ毛処理の頻度を減らしてください。



すね毛だけでなく、気になる部分にジェルを使ってください。

f:id:hideti01:20180219113618j:plain


眉毛や口周りの毛にも使えます。

処理の仕方は別記事にまとめてますので興味のある方はチェックしてみてください。


小学生の娘の眉毛がつながっている@毛が濃い子どもの自宅脱毛⇒

小学生の娘のひげが濃い!女の子の肌にやさしいムダ毛処理⇒





女性はスカートもパンツスタイルも両方楽しめるのが魅力ですよね

小学生のころにできたコンプレックスは根深いものになります。

親としてはできるだけ防いであげたいですよね。


親に隠れてすね毛処理をして肌を傷めてしまったら取り返しがつきません。


カラダのコンプレックスや悩みは、子どもの性格や行動にも影響します。


・いつも目立たないように後ろに隠れてる

・友達がいない

・プールの日は学校を休む


毛の悩みは子ども本人の力では解決できません。

助けてあげられるのは、保護者だけです。



ジェルを塗るのは子ども本人でも良いのですが

保護者が塗ってあげてください。



保護者のボディタッチがあるだけで、子どもは守られてると安心できるものです。

特に、すでに心が傷ついてる子には癒やしが必要です。

f:id:hideti01:20180217232523j:plain


「ジェルを塗ってあげることで親子の会話が増えました。」

「毛の悩みが解決して、ものすごく積極的になって毎日楽しそう♪」

と喜びの声を保護者からいただきました。




まとめ

コントロールジェルMEを朝と夜の2回ぬるだけで。。。

・毛の生えるスピードが遅くなる

・毛が細くなってきます。


時間がない人は、カミソリ処理と併用してください。


・コントロールジェルの口コミ
f:id:hideti01:20180227164958j:plain


コントロールジェル公式を見てみる⇒




*1:フランスプルターニュ地方の海藻エキス(ペルベチアカナリクラタエキス)、植物由来ウンカリアトメントサエキス(AC-11)