小中学生の子育てナビ

小学生、中学生の保護者向けに、学力を伸ばす方法、子どもへの接し方を解説します。勉強に親がどうかかわるべきか、家で勉強しない、家庭学習を習慣化させたい、朝起きなくて困ってる。個別指導塾15年間の経験から解決法を教えます

自宅学習で中学生の成績は上がる?塾と通信教育で悩む保護者へ

定期テスト(期末考査や中間考査)で良い点数がとれない、国語、社会、数学、理科、英語の成績が良くない、、、このような悩みを持つと「塾に行かせるしかないか」と考える保護者が多いです。

たしかに塾に通うことで成績が劇的に上がる子と、下がる子、変わらない子、さまざまです。「そもそも自宅学習で成績は上がるか?」という根本的なところから考えないといけません。



スポンサーリンク


インターネット教材の進歩で塾だけが選択肢の時代は終わった

10年前なら成績が悪い、伸び悩んでいる中学生の選択肢は「塾に通う」だけでした。通信教育だと、3日坊主に終わり教材ばかりが家に届いて終わりというパターンになりがちだったからです。


今は集団塾よりも個別指導塾が多くの保護者に選ばれる時代です。一番のメリットは子どもの状況にあわせてカリキュラムを作り指導してくれることです。

集団塾でも個別指導コースを用意するぐらい、個人に応じた教育が求められています。

競争が激しく聖域と呼ばれた塾業界でも価格競争も始まっています。コストを削減するためには、講師一人あたりの担当人数を増やすしかありません。

その結果質の低下している塾が増えることになりました。

お住いの地域に、子どもにピッタリの塾があれば良いですが、良い出会いに巡り会えないこともあるでしょう。というより、インターネットがほとんどの家庭に広がり、子どもの教育を塾だけに頼る時代は終わっているのです。



塾に通うには時間やお金の投資が必要になります。近くに良い教室がなければ移動時間が必要になります。

親がお車で送り迎えするにしても、子どもがバスや電車で通うにしてもです。部活動と塾を両立させるには、それなりの覚悟をしないといけません。


特に不満がなければ塾に通うだけなら誰でにもできますが、宿題をきちんとこなせるかは本人しだいです。
塾の宿題(=復習)ができていなければ、授業の理解も進みません。

ゆえにテスト前にあわてることになり、当然点数もパッとしません。月に2~3万以上かかる月謝に見合った結果を得られない可能性もあります。


塾に通わないで自宅学習だけで中学校の成績が上がるのかどうかと聞かれれば、答えは「上がります」です。子どもの性格や学習スキル、そして現在の成績によっては、何かしらのサポートは必要になりますが。。。


家庭学習の前に、子どもの課題提出率を知ってますか?


成績をあげる戦略について話します。まず自宅学習以前の部分で成績に関わるところからいきましょう。
何と言っても「提出点」はバカになりません。教科や担当の先生の方針によりけりですが、課題の提出点を2割~3割までにしている場合もあります。

もちろん課題の中身も重要ですが、最低でも提出すること。これだけでもしてくれたら成績が1の子は2になります。

というか、1をつけると高校入試で目立つので出来るだけ学校もさけたいところはあります。なので恩恵も含めての2という意味合いですが。なので提出できるものは全部することです。

課題をきちんと提出することは成績1以外の子にも重要です。というのも定期テスト(期末考査や中間考査)で基準点を超えていても評価が低い場合、多くの生徒は「課題が提出できてない」ことが原因です。


親が「おかしい」「何かの間違えではないか」と思って、中学校に問い合わせてみると「お宅のお子さまはテストの点数は良いのですが、課題がだせていません」と返答されます。

夏休みの宿題や課題なら、きちんとできているか、だせているかを親がチェックすることはできます。

ただし、日頃の課題を全て親が把握することはなかなか厳しいものがあります。提出できない子は、そもそも何をいつまでに出さないといけないかをメモしてません。

なので親が聞いても「分からない」もしくは「課題はない」と答えるだけですから。


自宅学習でテストの点数をあげることはできますが、課題を中学校の先生に締め切りを守って出せない子どもの成績を上げることはできません。なので「課題提出率」をきちんと学校の懇談などで確認するようにしてください。

あまりにも出せてない場合は、親が聞かなくても担任から注意されます。しかし7割、8割の生徒だと、親が聞かないと教えてくれません。課題提出率は100%を目指してください。

出して当たり前のものを出さないこと自体が問題です。8割あれば許されるものではありません。



自宅学習は塾のように、努力を賞賛してくれる講師もいまえせんし、悩んだ時に相談する教室長もいません。


孤独との戦いともいえます。そういう意味で考えると、孤独に打ち勝つ力がないと自宅学習で成績をあげるのは大変かもしれません。

今言ってるのは教科書と問題集だけで、コツコツがんばるという場合です。もちろん定期テストは教科書、ノート、ワークからしか出題されませんから、教材という意味では十分なんです。

でも精神的に弱さがある子だと、「これだけで大丈夫かな?」と不安になります。教科書やワークは、どの子がみても「おもしろい!」と思えるものではありません。


「もっと分かりやすい説明がほしい」とか「カラフルな教材がいい」とか不満もでてきます。


塾に通わせる前に自宅学習で成績が上がるのか試してみたい、でも精神的にまだ弱くて独学の孤独さには勝てそうにないし、教材の不安や不満もありそうだと感じたら「通信教育」を検討してみるのもよいでしょう。

タブレットや動画授業をうまく活用すれば、子どもの成績は上がる

通信教育は昔からありますが、親の世代と今の子で違うのは「タブレット」があるかないかです。従来のペーパー教材に加えて今は「タブレット」を利用して勉強スケジュールをたて、解説を受けて問題を解き進めるものがあります。

昔は紙媒体の通信教材しかありませんでした。進研◯ミとかポ◯ーなどやられたことがある人も多いかもしれません。

塾に面談にくるお母さん(まれにお父さん)に通信教育の話しを聞くと、「自分が教材を全然やらなくなって無駄にした経験がある」という理由で、子どもに利用させようとは考えてない人が多いです。

これはモッタイナイ話で、時代が変わって通信教育もパワーアップしているし、そして親と子どもは違います。

まず最新の通信教育がどんなものかだけでも知っておいて損はありません。10年前では考えられないことが起きています。


講義形式て塾の先生の分かりやすい説明を聞いて見たい子もいるかもしれません。そんな子に動画で自宅にいながら授業を受けることができる教材もあります。動画のメリットは、自分が知っている内容は見ないでスルーすることができることです。

成績が良い子は、いかに自分が知らない部分だけを教材で勉強できるかが重要ですし、本人もそれを求めています。時間のムダはできるだけさけたいという要望は強いのです。


動画授業に関しては、内容を重視しないといけません。ピンからきりまでいろいろあります。テキストをそのまま読み上げるだけで、見ているだけで眠くなるような動画もあります。

講義形式の動画今日を選ぶ時には「説明の分かりやす」で選ばないといけません。無料体験できるものが多いので、そこから始めてみること。その基準は有名塾講師が登場しているものを選ぶと良いでしょう。


塾講師は中学校の先生と違って、テストで良い点数をとるための解説に集中することができます。そして競争の激しい塾業界で講師として生き残るためには、分かりやすい授業ができないといけません。

今までにふれたことのない、解き方や覚え方を教わることで子どもの勉強に対する考え方も変わることもあります。

人が変わるためには「本との出会い」「人との出会い」しかないと言われています。日本全国のなかで頂点に立つと言われている講師の授業というのは、塾に通っている子でも魅力的にうつるものです。まずは体験させてみてください。


参考リンク

www.childcarenabi.com

www.childcarenabi.com